人気ブログランキングへ anime1.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

2008年09月24日

帰国後談<香港・マカオ旅行記2008>

このブログが始まってから、リアルタイムで動く初めての旅行。
計画の1月から旅行に行った5月を経て、最終回の今月まで足掛け9ヶ月。
旅行を反省総括する日がやってきました!( ̄∇ ̄ ノノ"パチパチパチ!!

今回は今まで同様、ああすればよかった、こうすればよかったなんてコトを書いて行きます。
みなさんの香港・マカオ旅行の参考になれば幸いです黒ハート

旅の手帖.JPG
いつも旅にもって行く手帖。
楽しかったことも、ムカつくことも書いてあります(笑)

1 お金について

『香港の場合』

香港の通貨は<香港ドル(HKD)>という中国とも違う独自のモノ。
レートは米ドルに引きずられるようです。
出発日ネットで調べたレートは1HKD=¥13.5

香港ドルは日本で両替するとレートが悪いそうです。
なので、みなさん香港に着いてから両替するようです。

私がネットで調べたところで良い順は

1.クレジットカードでのキャッシング
2.重慶マンション奥&2階での両替
3.ホテルのフロント&ツアーのガイド


らしいのですが…
まず1はキャッシングをするATMの画面に“良くて”英語しか出てこないでしょうから、英語が苦手な私は×。
2は「そこまで行ってからじゃないと両替出来ない」というデメリットと、女性は危ないかも…という口コミも読んだので、行けたら行くくらいの気持ち。
3は香港についてすぐに出来るというメリットとガイドだったら絶対に日本語OKだという安心感。

私の場合は3を選択しました。
レートはまぁまぁ、安心してお札の確認が出来るし、気軽にお願いできる。
初日空港に迎えに来たバスの中で2万円分両替。¥10000=700HKD。
2008年5月3日の時点で¥14.286=1HKDでした。
ちなみにキンバリーホテルでこの日にレートを聞いたら同じ700HKD。

3日目にマカオのカジノに行ったのですが
ガイドとレートがそんなに変わらなかったのでそこでも2万円分両替。
5月5日 ¥10000=701.97HKD。¥14.246=1HKD


結局4万円分しか替えなかった?と思うのですが
免税店など使えるところではJCBカードを使用。
というのも、両替でカードのキャッシングが有利と前述しましたが
カードでのショッピングもオトクです。
1HKDのレートは以下の通り。
5/5 ¥13.670(DFS HONG KONG LIMITE)
5/6 ¥13.680(Kee Wah Bakery=奇華でおみやげ)
5/6 ¥13.674(FREE DUTY HKG)
5/6 ¥13.534(CATHAY PACIFIC AIR)
同じ日なのにレートがビミョーに違うのが謎ですが…やっぱりオトクですよね。

クレジットカードで支払いする場合にパスポートの提示を求められたコトはありませんでした。
私は一応お財布にコピーを1枚入れておきましたが、使いませんでした。

香港はとにかくお金の種類が多いです。
同じ額面でも絵面の違う紙幣が出回っていて、よく見ないと間違えます。
お写真はこの記事を参照ください。


『マカオの場合』

マカオの通貨は<マカオパタカ(MOP)>という中国とも香港とも違う独自のモノ。
しかし上の紫色の文字を見てもらうと分かるように、カジノでも町中でも香港ドルが使用できます。
H.I.Sの場合、マカオのガイドさんがバスの中でお土産を売ってくれるんですが
もちろん香港ドルで支払うことが可能です。
私は外貨を旅の記念にしているので、是非パタカも見たかったんですが
お目にかかれず…もうやだ〜(悲しい顔)

※マカオパタカについてはこちらをご覧ください。
→マカオ観光局 基本情報 通貨(中段あたり)

マカオぴあ.JPG

※参考 マカオぴあ編集長日記


2 持ち物

持ち物リスト(携行品チェックリスト)の記事に書いたとおりの持ち物で決定した。
特にコレ有ったらよかったのに!っていうのも無く。
日本よりお店が遅くまで開いていたりと、ショッピング事情は良いので
何か足りなかったら調達もし易いです。

香港の安いホテルには無いとされていた歯ブラシはありました。
バスローブも浴衣(的なモノ)も無いので、パジャマは必要でしょう。


3 携帯電話&デジカメ充電器

携帯電話の充電は変圧器が無いとできないので、しません。
飛行機に乗ったときから、電源切りっぱなし。
毎朝、めざましに使ったりしたけど、十分電池は持ちました。

デジカメカメラの充電はハワイ同様100V-220Vと書いてあるものは使えるとのことでしたが
プラグの形が違うのです。
プラグは数百円と聞いていたんだけど、探すのも借りるのも面倒で
充電せずに使用していたら4日目の朝でイクシさんはお亡くなりになりましたバッド(下向き矢印)
後は相方のカシオさん頼み。


4 お買物&お土産

市場以外のお店は全然安くなく、日本と同じ物価です。
もしかしたら日本の方が安く買えるモノもあるかも。
そのため、あまり購買意欲がかき立てられませんでした。

言葉の壁ですが、英語ならほとんど通じます。
市場のおねいさんたちは日本語をすごく知ってますが、詳しい商品説明などになると英語です。
しかも訛っているので聞き取りにくい。つまり私には通じません。
やっぱ、海外旅行するなら英語が出来ないとツライふらふら

店員さん達はとにかくしつこいですパンチ
いる、いらないがハッキリしていないと売りつけられます。
つまり、迷う、、、という時間を与えてくれません。
しかしヴィトンやエルメスといったハイブランドの店員さんは日本より態度が良いかもグッド(上向き矢印)
私のような貧乏人でも差別しません。

買って良かったもの………
・【女人街】で買った相方とお揃いの皮の白いバッグ………(最近錠前がすぐ落ちる)
                           だけかよ!
あ、免税店で買ったものは全て良かったですよ。
ポチ袋も使ってはいないけど、キレイで○。

買わなきゃ良かったもの
・カゴバッグ(すぐ壊れた)
・Tempo(18個パックは多すぎ)
・【女人街】で買ったブラウンとホワイトのストライプのバッグ(ペラペラ)

女人街.JPG

買えば良かったもの
・出前一丁(見掛けなかった。探すの忘れた)
・クノールの金華ハムスープ(上に同じく)

お菓子のお土産は主にDFSか空港で購入しました。
自宅用以外は全て帰りの空港の<奇華>で。
おかげさまで飛行機の中も大荷物。

マカオではショッピングをする時間を与えられなかったので
さっぱり分かりません。
鶏(ガロ)のちっちゃい置物がたくさん欲しかったんだけどなぁ。。。もうやだ〜(悲しい顔)


5 食べ物

これはもう言葉では伝えられないくらい、美味しいモノがたくさんありました。
美味しくないものがないんじゃないか!?と思うくらい。(ハワイとはエライ違い)
しかも安い!
洋服などは日本と変わらないお値段なのに、食に関してはとってもリーズナブル。

たまたま食堂のようなところでは食事出来ませんでしたが
実際に食べた方から聞くと、そちらも安くて美味しいそうです。
特にお粥や麺。
食堂はメニューが中国語で写真がない場合が多いので
ガイドブックに付いているメニュー表を持っていくと良いでしょう。

私のお薦めは海老雲呑麺です。
細い麺がゴムのようだと聞いていましたが、そこまで酷くはありませ
ん。
(でも確実に日本の方が美味しいですけど)
海老雲呑はプリップリで生臭さが無く、ちょっと日本では食べられません。

お粥はドロドロの重湯状態です。
ものすごい旨味が有って、具の選択を間違わなければ美味しいモノが食べられるでしょう。
油条(揚げパン)を付けてオーダーしてください。
(私が食べたところでは刻まれたモノが既に入っていました)
私のイチオシは何処で食べても美味しいピータン粥。

それから水餃子も美味しかったです。
点心は日本で食べるよりは確実に美味しいので、是非食べてもらいたいです。

最終日に食べた腸粉にはまっていて
わざわざ茨城から東京に食べに行く有様です。
日本では「蒸しクレープ巻き」「蒸し生春巻き」などと表記される場合もありますが
トロトロ具合とタレのコク、両方が出せる名店にまだ出会っていません。


香港では現在“小籠包”が流行しているらしいです。
それで「金満庭」とか行列してるんだね。
でも香港人は飽きるのが早いそうなので、このブームもいつまで続くコトやら。。。

許留山3.JPG

香港と言ったらスイーツ。
特にフルーツを使った冷たいモノが美味しくてリーズナブル。
マンゴーはマスト。

お水はミネラルウォーター。
コレもワトソンズウォーターなら激安。
日本の1/3くらいのお値段で買えます。(セブンでは高いけど)

今回はパイナップルパンを食べるのを忘れました。というか見掛けなかったし。
それと飲茶もちょっと遠慮がちに食べました。
こんなに後悔するくらいなら、お腹が張り裂けてでも、食べてくれば良かったな…。

マカオではエッグタルトが予想以上に旨かった。その時の記事はコチラ。
一生に一度の出来事でしょうね。
ファーストコンタクトが一番美味しいはずだから。
マカオ式はパイ生地、香港式はタルト生地らしいのですが、香港では食べませんでした。
食事はツアーに付いていたバイキングなので…美味しくはなかったです。


6 相場

<私>が感じた香港マカオの相場を簡単に。

枕チップ→$20(2人)
レストランでの食事→$50〜(1人)
ミネラルウォーター→$4.5〜

というかね、今回の旅、お金に関しての記憶が無いんです。
共同のお財布を持って、支払いをしてくれていた相方も無いってサ。
うちら、ひどいね。


7 ガイドブック

相方が地図に行きたいお店を書き入れてきてくれました。

私が買った「地球の歩き方」はほとんど家で見たくらい。
私は自分で行きたかったペニンシュラ・アーケードにあるお店を何件か調べたのと
DFSまでホテルから何kmだなとか
このくらいなら歩ける範囲という何とも大ざっぱすぎる街の把握。

DSには「地球の歩き方」に載っている行きたい店をどんどんピックアップして、記憶させておきました。
結局、それで行ったのは1件だけ。
口コミのお店を調べようとしても、まだデータ数も少ないし
スピードが緩いのでイライラします。

タイムズスクエアも女人街もキャットストリートも
相方の道案内があったからこそ。

オクトパスカードという“suica”より便利なモノがあるのでMTRに乗るのはへっちゃらです。
バスやトラムも乗れるらしいですが、こちらは路線がややこしいらしいです。


8 治安

治安は思ったより悪くないです。
ガイドさんに観光名所では「スリに気をつけて!」と再三言われましたが
チムサァーチョイの街あたりでは、そんなに気張らなくても大丈夫でした。
夜も12時過ぎくらいまで、スイーツを食べに行っていたり。
不夜城香港なので深夜の時間の感覚が狂います。
寝るのがモッタイナイほどでした。

それと両替のところには書きませんでしたが
重慶マンションでの両替は昼間なら大丈夫らしいです。
両替したらその場で紙幣を確かめ財布にしまう。
あとはキョロキョロせずに表へ出ること。
と教えてもらいました。
ただし夜の両替は絶対に止めた方がいいそうです。
次回は重慶マンションにも行ってみようと思います。

街中のスタンドは見るとそんなにレートが悪くない(ホテルと同じくらい)の場合も有ったので両替しようかと思いましたが
偽札を出されることもある、というウワサを聞きました。


9 オプショナルツアー

今回の旅行は2日目に付いている観光をキャンセルして
1日目と3日目にオプショナルツアーを組み込みました。

1日目の「到着日プラン」は日程表の順番とは違う
黄大仙
ビクトリアピークからの夜景
スターフェリー、ピークトラムに乗車
北京ダックの夕食


初めての香港で、自分で香港を回る自信の無い方にはオススメ。
年齢層は老若男女すべていました。
ご飯は半端なく不味かったです。。。
ご飯なしでオープントップバスが着いていれば完璧。

3日目の「マカオ日帰り観光」
日程表はザックリとしていました。
フェリー→世界遺産→昼食→カジノ→フェリー  くらいのノリ。


媽祖閣9.JPG

実際は
世界遺産は媽閣廟・聖ポール天主堂跡・聖ドミニコ教会・セナド広場
カジノ サンズ(金沙娯楽場)
たまたまガイドさんが気を利かせてくれたらしいNATAのエッグタルト(別料金)
ランチはバイキング

コチラも初めて&自信の無い方にオススメ。
マカオはものすごーくサクサク廻る。
おそらく時間がないのだろう。帰りのフェリーが3時45分くらい。
せっかく行ったんだし、帰りは少しくらい遅くてもいいんだけどな。
もうちょっといろんなトコ見たかったな。

しかもお土産も何も買えない。好きなモノは食べられない。
本当に時間がないから。
バスの中にナタのエッグタルトを持ち込んでくれたガイドさんに感謝るんるん
同じ旅行会社で行っても、食べられない場合も有るらしい。
だけど本当は義順の牛乳プリンも食べたかった。
こういうワガママが出来ないのがオプショナル。

日程表にないマカオタワーまでは行ったものの、混んでいたのでUターン。
私は特に行きたかったワケではないのでいいけど
行きたかった人は「イケル!」とテンション上がってグッド(上向き矢印)落とされてバッド(下向き矢印)可哀相だよね。

カジノ サンズ(金沙娯楽場)でギャンブルは1時間もない
それはそれで絶妙かも。
大損せず、雰囲気を味わうには丁度良い。
しかし、興味がないとものすごく長く感じるかも。

というように、ガイドの裁量や働きぶりによって、同じお値段を出しても変わるみたい。
その時の混み具合にも左右されてしまう。
帰りの船の時間があるから、それだけは融通きかないってのは分かるけど
初めに旅行会社が出してきた日程表があまりにもアバウトすぎ。
もうちょっと詳しく書いて欲しい。
昼食はバイキングってのも事前に知っていれば、期待しなかったのに。

オプショナルツアーは一長一短。
ラクチンだし、何も考えずとも観光名所に行けるし、ガイドがいるから言葉の面でも安心。
だけど朝は早いし、欲しいモノは買えないし、食べたいものも食べられない。
オマケにOPのメシは大概マズイ。

何処に行ってもおもうのだけど、「私」にはオプショナルツアーは合わない。
ものすごーく“我慢”の連続。
1回オプショナルで経験してみたので、次回は是非自力で行けるよう下調べしたい。


あとがき

準備編だけで10…  ここまで記事数45…
アホみたいに長くなってしまいました。
読むのはすぐだけど、書くのって時間がかかります。

リアルタイムで書いていくと、思いついたことをなんでも忘れずにかけるので
まとまりのない記事になっているかもしれません。
しかしながら、香港・マカオ旅行超初心者の方々の心配を軽減出来たら嬉しいです黒ハート

今回の旅は<ベトナム/2004> <ハワイ/2007>とは違って、食べてばかりの旅でした。
何を食べても美味しいので、食べることで頭がいっぱいでした。
私にとって香港は『グルメな街』認定です。

ショッピングはあまりしていません。
物価が高いので、女人街でちょっと買ったくらい。
お土産も何にしようか困りました。

ハワイでこりごりのお船にもマカオ行きで必要に迫られ乗りまして…
ハワイのように船でランチというわけでは無かったので、まだマシでしたが…
やっぱりもう乗りたくないです。
特に香港からマカオへ向かう最初の15分は最悪でした。
ピークトラムに乗るときにもスターフェリー(?)に乗ったんですが
せめて酔い止めくらい用意しておくべきでした。。。

そうは言っても、香港もマカオもまだ食べ尽くせていない!(また喰う話…)
特にマカオはたった1回の食事が、ホテルバイキングだったので、ご当地グルメを食べてもいない!!!
嫌いなお船に乗ってでも、またマカオにゴハンを食べに行きたいです。
もちろん香港で飲茶もね。
香港は1人でも行けそうな気がするのですが…
あいにく1人でご飯を食べられないので、メシ友を作ってからです。

ここまで駄文を長らく読んでくださりありがとうございましたかわいい
個人的な日記ですので、情報に誤りが有りましたらコメントでご指摘くださいませ。

明日からしばらくはまた憂リコメンドをお届けしますが
次の旅行記は香港の飲茶熱が冷めやらず…11月に計画を立てている横濱中華街黒ハート
お楽しみに!!
posted by 憂 at 16:15 | 香港・マカオ〜反省編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。