人気ブログランキングへ anime1.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

2015年06月05日

'15ケーキ基礎【2種のシュー・ア・ラ・クレーム】〜ABC Cooking Studio

038162CF-4C38-4EE2-A1B7-3B11B8A0C2EF.jpg

シュークリームです。
人気のセンセイで満卓はいつものこと。
以前はまわりがうるさいと声が聞こえないので、センセイの前を陣取っていましたが、最近は端っこで(笑)


9F938EDD-71DD-4938-8030-45A6E130DD11.jpg

クリームは2種類。
カスタードとチョコカスタード。
カスタード、ダマダマになったぁ(>_<)
はじめて失敗したよー(>_<)
最悪の気分に。
3/4の生徒が同じダマダマになったんだけど。
これでいいのか?ABC。


96F908D1-0503-4254-BAD4-A35C67E393C8.jpg


1個あんまり膨らまないのあったけど、概ねよくできました。
他の生徒さん、3人黒コゲだった。
あれはショックだね。
(いや、だまもショック過ぎたけど)
みんななんにも言わないけど、本人のせいじゃなく、オーブンのせいだと思うんだけど。
先日見かけたシフォンケーキも焦げてたし。
これでいいのか?ABC。







2015年05月12日

'15ケーキ基礎【デリス・オ・ペーシュ】〜ABC Cooking Studio

1C26EE7E-DD97-4B44-88F6-B37538EECEA5.jpg

デリス・オ・ペーシュは桃のケーキ。
飾りのみならず、ムースにはたっぷりのピュレとリキュールが使われています。
すごく香りのいいケーキに仕上がりました(≧∇≦)

特段難しいこともなく、それなりに過ぎていった気がします。
あんまり覚えていないわけは、、、
年々、歳をとるごとに、人に気を使うのが激しくなり、私は誰のために習い事をしているのか?と思うくらい…授業内容より、人といることに気を使ってしまいます。
先生にも生徒さんにも(>_<)


47E0696C-2C41-4805-9A19-53FB8C45B6FC.jpg

スポンジは既製品。
シロップをたーくさん染み込ませて、やわやわ。

9E9CE735-56D3-4E27-8484-CA2E59F4F8D0.jpg

カットしたら、ジュレの重みで、倒れそうだよー(;^_^A
爽やかな甘さで、ほんと美味しい。
また作りたいなー。

9B74C857-0696-40F1-9700-A38096CBF2F0.jpg

桃を薄切りにしたら、真ん中から割れた(笑)
でも、別に気にならないね。
マスター終わるまでは、こういう失敗とか自分が許せなかった。
この桃の飾りのグルグルの均等じゃないことも、許せなかったと思う。
でも、今となってはそんなに気にすることじゃない。
次は修正しましょうね



2015年04月11日

'15ケーキ基礎【キャレ・オ・ショコラ】〜ABC Cooking Studio

91821794-4FAF-4F62-AB82-1301BEBFC481.jpg

チョコレートのケーキ。
キャラメリゼしたマカダミアナッツが入っています。
クリームは二種類。
ガナッシュクリームとサワークリーム&チョコレートのなんとも珍しいやつ(笑)


041B375F-F8C2-4B51-B197-92D8A9E2F341.jpg

ちょっと傾いてるねー(笑)
スポンジは均一にできたけど、クリームを均一に絞るのがむずい。




FEE47CAD-4448-49E7-80D5-968F8A68B297.jpg

すごく柔らかいケーキなので、切るのが大変です。
美味しいけど、カップに入れたほうがいいかも。

あ!
サワークリームの部分!
変な味。
食べたことないかも。無理かも(笑)

2015年01月20日

'15ケーキ基礎【ガレット・ブルトンヌ/フィナンシェ/サブレ】〜ABC Cooking Studio



いよいよケーキの新基礎のスタートです



EB7C65C4-6D0A-4A74-8761-337BCAE11FD4.jpg

ガレットブルトンヌ
焼き菓子の中で一番好きなので、楽しみにしてました。
ABCのオーブン、結構焼きムラでるね。

646929FA-6DCE-491D-A502-C2281877663B.jpg

厚み、ちゃんとでました
でも冷凍庫にいれるとき、先生が早く冷えるようにバットの中でズラしたから、生地がまっすぐじゃない。凸凹。

あんまりサクサクザクザクじゃない。
ほろほろの方が表現としてちかいかな。
買った方が美味しいかもな。
焼きすぎて焦げてるところは、やっぱり焦げてる味がしたし。


D8A68555-113A-40F3-B116-0C02BB10280F.jpg

フィナンシェ。
焦がしバターたっぷり。
お店のより柔らかくて、バターの香りが物凄く濃い。
これは褒められました

0F806E7A-0B93-4D10-9188-E9BA18F0AA6C.jpg 

チョコチップクッキー。
ガレットのあまり生地で。
あまりだからあんまり期待してなかったけど、サクサク


9733EE6E-6E9C-448F-A500-8ED5A44D19A5.jpg

で、ラッピングして箱詰め




D90BAD23-49BF-4B0C-A721-F01749C1DFCD.jpg

うさぎのシールを買って貼りました。
一気にファンシー

2014年12月31日

'13-14ケーキ基礎【タルトレット・オ・テ】〜ABC Cooking Studio




今年もお世話になりました。
よいお年を

0F09ABD8-A8D6-4198-A6CA-C0E30ECC3446.jpg

ABC基礎、リニューアル前の最後の授業はこれ

紅茶味のタルトレット。
がっつりオレンジピールが入ってるので、紅茶よりオレンジ風味かも。

2EC54444-C0D2-4D7A-A2C3-2DA2AD32AAC6.jpg


さっくさくのタルト生地にするために、練らない、温めない、素早く。
でも基礎コースだから、全員のスピードがおなじわけじゃなく、私は水道水で手を冷やしてくるよゆーがある授業となりました。

今回はタルトレット型に敷き込んでから、縁をキュッキュしないで、コルヌで切り落とす方法を教わりました。
これ、ものすごくカンタンじゃん!
ネイルやってるわたしにはこっちのがいい。

フィリングはアーモンドクリーム。
一気に焼き上げる方式。

シナモン、ドライイチジク、南瓜のたね、くるみ、アーモンド、オレンジピール、具沢山のタルトレット。
先生はアーモンドクリームの上にフレッシュフルーツを乗せて焼くのもオススメだってさ。
クリームをしぼって、生のいちごを飾れば基本のいちごタルトにも。

2014年12月21日

'13-14ケーキ基礎【ショコラ・ア・ラ・モード】〜ABC Cooking Studio

ABC cookingのケーキの基礎コース。
来年、1月からメニューがリニューアルされてしまいます。
現行の基礎コースは過去に比べたら、あまり学びのないコースとうわさされていましたが、とてもルックスがいい(笑)

43AA80E0-4767-456E-A6BF-2067482E0844.jpg

ショコラ・ア・ラ・モードは見た目が美しいわりに、作るのが簡単なメニュー。
チョコレートの基礎を学びます。
その基本がひだりの生チョコ。
真ん中はホワイトチョコレートとラズベリーを使った絞りのチョコ。
右は中にパフをいれて、生チョコでまとめたボール。
また作るのはやぶさかではないが、、、塩のついてないピスタチオって探すの難しい。生のピスタチオね。

99C24AFB-0132-4C4F-9FF1-D886F94E387E.jpg

内容は史上最強にカンタン。
生チョコだからね。
これも作ってて、楽しかったわ。
知らない生徒さんとも、楽しくできた。


2014年11月30日

'13-14ケーキ基礎【ルリジューズ】〜ABC Cooking Studio

D4D9B939-51AC-4913-B1F2-0B2957207681.jpg

2段シューにアイシングした可愛いお菓子です。
シューの作り方を学びなおしました。
ABCではかなりの回数、シューをやってきました。いつも慌ててる感じがあったので、今回は落ち着きながら素早く。
というのも、シューは温度が大事でしょ?

D095C3F3-3A4B-4156-A18D-B10C14508E9F.jpg
下のシューはなるべく平らにね。
どっかーん膨らませると、素人には組み立てが難しくなっちゃうからね。



B7D18C14-C90E-49A8-A6CD-9906975C1EFF.jpg

うまくいきました。
アイシングはラズベリーピュレ。
先生がタップリつけたほうが良いと言うので、言われた通りにしたら甘かったよσ^_^;



26389958-5EDF-4EE8-810E-6DF0BC7D32AC.jpg

クリームはチーズクリーム。
バターも少しはいるので、全体的に重いお菓子です。
見た目は可愛いのだけど。
でも重くしないと、外に絞るクリームがもたないような気がするし。

次にシューを作ることがあっても、スタンダードでしょうな。
カスタード炊いてダブルクリームが一番美味しい!

2014年11月17日

'13-14ケーキ基礎【モンブラン】〜ABC Cooking Studio

6322ACBB-17A3-43F8-8D98-230762817323.jpg

基礎2回目。
三角お山のモンブラン。
山というより山脈です(笑)

C4CB5D94-F1C9-4E16-93C0-DB32C2672CE9.jpg

旧基礎もおなじくらいの時期にうけてて、絞るモンブランクリームの硬さに苦戦したのですが、この日は比較的暖かく、私の手が温かいこともあり、スムーズに。
旧基礎だと小さくつくるからごまかしも効いたけど、これあまりにアラが目立ちますね。初心者にはオススメしないー
一定の力でずーっと同じことを繰り返すので、器用な人なら難しくはないのですが、、、隣の生徒さんがブチブチと切れてしまい半分くらいが地肌の見えたトイプードル状態。 私もクリームがあと一列分くらいしか余らなかったけど、彼女は足りなかったみたい。彼女がどう受け止めたかは知る由もないけど、私だったらと思い、想像し、トラウマ(笑)に。

85A20F53-14AB-44E7-911A-94771BFAD9D3.jpg
端っこにピーナッツを砂糖で覆ったものを飾り付け。

4584964B-52C7-4E5D-AD75-8477F99506F6.jpg

三角にするために、スポンジをナナメにして調整。
しっかりしたスポンジにラム酒のシロップをたくさん打ってしゅわしゅわに。
美味しいけど、やっぱモンブランてクリーム多すぎだわ(笑)

2014年10月28日

'13-14ケーキ基礎【キャレ・アルザシアン&サレスティック】〜ABC Cooking Studio

基礎ーマスターとABCでは製菓だけを習ってきました。
卒業したのは2年くらい前?
今後メニューが変わるとのことで、追加で基礎12回を再び購入。

018A21EB-0B5D-4739-ABC8-2DA59CA90A4F.jpg

まずは今年しか受けられないメニューを先に受けないとね。
このコースは自分の基礎18回が終わってからメニュー変更になったので、どれもこれもお初です。
ABCのケーキは可愛いものより素朴なものが美味しいと思ってるので、コレから。

【キャレ・アルザシアン&サレスティック】

B9BB53D2-9F69-48D3-9C03-7D8B3A890435.jpg

いい色。
生地はパートブリゼ。
丸で抜くだけ。敷き込みなしのチョー簡単
ストーンを乗せて焼き。

フロランタン生地を作って、焼いたブリゼ生地の上に乗せて、再度焼き。

E861A269-9C53-40F2-A9B2-F96FA1EA87A6.jpg

アーモンドスライスだけじゃなく、クランベリーも入ってます。
ザクザクに甘酸っぱい新しい風味

285716A0-1BC2-487B-B2BC-242CD4227A73.jpg

焼き菓子用の箱がもらえます。
紙型からはずしてフィルムに入れてってラッピングするはずなんだけど、なかなか冷めないので、とりあえず撮影(笑)
で、うちにおいといたら、もうなくなってたっていう

BD22646F-3426-490D-A5F9-56013B7CCE4D.jpg

サレスティックはブリゼのあまりをもう一度集めて、のしなおし、粉チーズと塩をかけて焼きます。
おつまみパイだね。
サクサク美味し一

26EA875C-960D-4BBF-9C60-6947864F49DD.jpg

キラキラしているのが岩塩です。

端っこは切り落としで成形するのですが、そのままでもイイって先生がいうのでそのまま。

この二つはまた作るね
アレンジもきくし、手抜きもできるから(笑)




2010年07月10日

ケーキコース基礎クラス☆全18回【超個人的ランキング】1/2 〜 ABC Cooking Studio

[レッスン] ブログ村キーワード

いつも読んでくださって、ありがとうございます。
アクセス数でいうと、他のカテゴリより注目度は低いのですが
本日はケーキコース基礎クラス☆全18回を超個人的にランキンググッド(上向き矢印)したいと思います。

まずは〜
美味しかったものランキングレストラン

1位 タルトレット・オ・ノア

ABCナッツタルト3.JPG

ナッツが苦手なので期待値が低かっただけに、やられましたるんるん
香ばしくって甘さ控えめ。これは何個でも行けちゃう危険な焼き菓子です。
男性受けがとてもよかった1品。
ナッツの種類がさまざまなので、ABCのキットで1度復習。

タルトはもともと大好き揺れるハート
で…、ランキングしたらタルトばかりになってしまいました。

2位 タルト・オ・フリュイ・フレ

ABCフルーツタルト.JPG

カスタードクリームがたっぷり入ったフルーツタルト。
とっても美味しいです。
作るのは大変だったのだけど、不思議と楽しさばかりが残っています。
家族がタルト嫌いなので、あれ以来一度も作ってないけど(笑)

3位 タルト・オ・ポワール

ABC洋ナシのたると4.JPG

缶詰の洋ナシを使ったタルトです。
正直、これも全然期待していなかったのです。
今、18メニューを並べて見て、じんわり「美味しかったな」と思える一品。
中のアパレイユにもタルトにもアーモンド使用。
アプリコタージュに使うあんずジャムの酸味が、すべてをまとめていると思います。

って…、コレだけじゃただのタルト好きのランキングになってしまうので
次点を一つだけ載せますね。

第4位 ルレ・テ・ヴェール

ABC抹茶ロール.JPG

超初心者の私が、習い始めて2回目に取ってしまった三ツ星の授業。
ものすごく大変でしたが、美味しく仕上がりました。
もともと抹茶味の何々〜や、和風の洋菓子が好きじゃないのですが
これは自分で作ったこともあって、美味しく食べられました。
生地がスフレ生地で、やわらかくしっとりしています。


参考までに…私が美味しくないと感じたものは…
圧倒的にガトー・ブラン(笑)
スポンジぱさぱさ、作るのだけ難しくって、めんどくさくて、なんだコレ?って(笑)
好みの問題も有るのかも知れませんが、スポンジ系は美味しくないと感じました。
そう、ショート・ケイクも。
市販のショートケーキのスポンジが、あまりに良く出来すぎていて
手作りが負けてしまうんだと思うんデス。
粉の違いも有るでしょうし。
でもショートケーキは、日本人の定番中の定番なので、何とかマスターしようと思って何度も作っています。
他の教室で習うか、一生かけてさまざまなレシピを作ってみるか、ですかね。


お次は〜
簡単だったものランキング猫

第1位 シフォン・ケイク&コンフィチュール・オ・レ

ABCシフォン2.JPG

めちゃめちゃ簡単でした。
だけどこの授業、先生と他の生徒さんがもめまして、いい印象が全然ありません。
いまだ、リピしたことも、レシピを読み返すこともありません(笑)

第2位 ケーク・ア・ロランジェ

ABCオレンジケーキ.JPG

今まで10回以上リピしているこのケーキ。
バターケーキの括りでありながら、サワークリームを使ったりして食感はスポンジケーキのようにふわふわ。
周囲にも大好評なのです。
オレンジのコンポートも簡単に出来るのがうれしいです。
そしてオレンジピールが苦手な私にも食べられるくらい、風味がやわらかになります。
オススメです。

第3位 ミルクレープ

ABCミルクレープ3.JPG

もっと平べったく作らなきゃいけないところを
ドーム型になってしまっているので、簡単と言い切っていいのかどうか…ですが
とにかくクレープを焼くのがこんなに簡単だとは!!!と目からうろこ。
バターが入るので、生地がくっつかないのです。
それとHMを使わず、小麦粉から作った方が生地として美味しい。
クレープとしても5回以上はリピしているメニューです。
授業ではカスタードを炊く作業が有るんですが、それは難しいとかではなく力勝負。
難しい点と言えば、やっぱりクリームを均一に塗って、いかに平行に仕上げるか、でしょうな(笑)


反対に難しかったものは、と聞かれたら…
グラサージュと一発勝負のチョコもの。
ナッペが必要な生クリームもの。
サブラージュがうまくいかないタルトなどかな。
モンブランの搾り出しも、ものすごーくむずかしかったです。
ブチブチ切れて、キレイな蕎麦状態にならなかった。

意外に…
難しいと言われていたマカロンは、あっさり出来てしまって…
自分が好きではないのでリピしてないんです。
一人で作って見極め出来るかどうか、不安ではあります。
それとお菓子作り初心者が苦手とするスポンジ。
これは得意になりました。絶対失敗しない。
でもプロの食感に近づけたいので、努力が必要なメニューです。


結構長くなってしまったので、リピしたいものランキングは次回にexclamation
18メニュー中、いくつまでランキングに載るかも大注目です目 自分で言う?


mouse.gif↓それぞれのメニューの詳しい記事はコチラから↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

2010年02月22日

ケーキコース基礎クラス☆【修了証】届きました! 〜 ABC Cooking Studio

[お菓子教室] ブログ村キーワード

ABC修了証.JPG

みえますかね?
CONGRATULATIONS.の文字。

ABCのケーキ基礎コースの修了証です。
6メニューから習えますが、18個全メニューを制覇すると誰でももらえます。

ABC修了証2.JPG

大したもんでもないし、なんの資格にもなりませんが(笑)
とりあえず終わったぞexclamationと。

現在はマスターコースに進んで3メニューを終えました。
マスターは全部で12メニューなので、あと9メニュー。
ゆっくり楽しみながら1年くらいかけてやろうと思ってますhiyoko03.gif

なんて言いながらも、自分にとっては本当に大変で。
何がって授業内容についていくこと。
手際が悪い&不器用なので、毎回毎回必死です。
終わった後は疲労困憊になりますあせあせ(飛び散る汗)
習うより慣れろというのを毎回感じるので
家でもたくさん作って全メニュー終わる前には、授業を楽しめるようになりたいと思います。


mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio



2009年12月23日

ケーキコース基礎クラス☆第18回【ショート・ケイク】 〜 ABC Cooking Studio

[クリスマスケーキ] ブログ村キーワード

ABCショートケイク.JPG

基礎クラス最後
第18回はcake.gif
【ショート・ケイク】を習ってきました。

直径15cmのものを1ホール作ります。

ショート・ケイク=ショートケーキのショートは短いなどと言う意味ではありません。
short=さくさくする、ほろほろする
なんだそうな。

もともとショートケイクはふわふわのスポンジじゃなく
ホロホロさくさくなタルトのようなものだったそうな。
(ショートケーキは日本人が作り出したもの、というプチ知識は偽?)
その「脆さ」=ショートというわけです。

授業中、かりんちゃんと「ショートってなんだ???」と話していて
憂「ショートニングケーキ?」といったのもまんざら外れてもないわけで。


さて、今回は基本的なスポンジの作り方と
基本的な組み立て、デコレーションの方法を学びました。

最後まで残しておいた☆3つのマカロンとショートケイク。
マカロンは思ったより難しくなかったのですが、今回はデコがある分やっぱ難しかったふらふら

ABCショートケイク4.JPG

勉強になったのは共立てスポンジの<泡立て>
今まで家でも何回もやっているのだけど、共立てはボソボソした食感が好きじゃなく
ただ「楽だから」という理由だけで作っていたのだけど
せっかく習うのだから、なるべく美味しいものをexclamation貪欲になってみました。
結果、自分が今まで履き違えていた(?)部分が浮き彫りに。
湯せんからはずすタイミングを温かくなったら、と思っていたのだけれど
「冷たくなかったら」と言うタイミングの方が食感が良い、とか
リュバン状とはいえ、泡立ては長時間やった方が膨らむだろ?と思っていたのも
もうちょっと泡立てたいexclamationと思うくらいでやめておいた方が
食感が良くなることがわかったり。
大事な、超基本的なことなのに、もう基礎クラス最後なんですけど(泣)
というか、たぶん今までもスポンジを焼く授業では言われていたことなんだよね?
(でも共立てのスポンジを焼く授業って、そんなにない気もする)
最後だからこそ先生のポイントも聞こえてくるし
自分から質問できることもあると思いましたグッド(上向き矢印)
最初の頃は道具の扱いとか、手順を言われるまま必死についていくだけですからね。

ABCショートケイク2.JPG

デコレーションは難しいですパンチ
生クリームとスパテラ(スパチュラ)に慣れることが必要。
そんなに作っても食べる人もいないし、月1くらいずつしか作れないけど
何度も何度も作ることが大事かな。

絞りは難しくはないんだけど、先生が泡立ててくれておいた生クリームが、見るからにボソボソ。
もちろん絞ってみても、ぼそぼそ。
生徒さん全員そうだったから、これは仕方ないのかなー?

最後にいちご、ブルーベリー、セルフィーユを飾っておしまい。
フルーツの飾り方は写真を見て「忠実にやってもいいし、自由にしてもいい」とのこと。
私は基本を覚えたいので、写真に忠実に。
一度やるとかなり身につくので、次回から役にたちそう。

ABCショートケイク3.JPG

食べた感想はスポンジが想像していたのより美味しかったです。
○ージー○ーナーとか既成の軽くて柔らかいスポンジに慣れてしまっている日本人には
ちょっと固めで食感も粗いかもしれないけど。
授業では間にフルーツをサンドしていないので、復習で挟んだらどんな状態になるか、おそろしや(笑)

さて次回からはマスタークラスに進みまするんるん
るんるんとか書いてますが、、、
かりんちゃんから巣立って一人ぼっちです。
正直怖いし、今回のショート・ケイクがこんな出来だったので…すっかり萎縮しています。

mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio



2009年11月05日

ケーキコース基礎クラス☆第17回【マカロン】 〜 ABC Cooking Studio

[マカロン] ブログ村キーワード

ABCマカロン3.JPG

第17回はcake.gif
【マカロン】を習ってきました。

直径2〜3cmのものを16個(4つのフレーバー×4個)作ります。

マカロンは、アーモンドパウダーとメレンゲで作る
フランスの伝統的なお菓子です。

☆3つで、一番難しいと聞いていたので、基礎ラス2で習いましたぴかぴか(新しい)

いちご・マンゴー・抹茶・コーヒーの4種を作るので
4回同じ作業を繰り返します。

まずは卵白。
あわ立て。
先日、レモンメレンゲパイを作りましたが、同じくらいの堅さでした。
グラニュー糖じゃなく、粉糖を使うので、ものすごく粘度が出ます。

アーモンドパウダーや食紅(様々な色のもの)を混ぜて
一番大事なマカロナージュexclamation

マカロナージュは泡立てた卵白をボールにこすりつけ(なすりつけ)
泡を適度に消す作業。
これの見極めが難しい。
きちんとやらないと、マカロンの表面にツヤが出なかったり
マカロンにヒビが入ったりするノダーパンチ

1,2回目は先生に見て貰いながらやってみて
4回目でなんとなく分かったような(笑)
難しいので、たくさん経験することが必要だぁね。

乾燥させて、焼き。

ABCマカロン.JPG

クリームサンド終わり。
表面のツルツル感があまり無い…。チョークみたい。
まぁ、ピエも出来たし、初めてにしては満足満足。

マカロンの本体は色が違うだけで、味は同じだけど
クリームはホワイトチョコにそれぞれの風味を付けましたグッド(上向き矢印)

コーヒーはインスタントコーヒー。
抹茶はお抹茶。
イチゴとマンゴーはフリーズドライ。

ABCマカロン2.JPG

ラッピング終わりプレゼント
これはスタジオで撮ったもの。
一番上の写真(家撮)と比べると分かるけど、スタジオはホワイトバランスが整わない。
蛍光灯と白熱灯の両方を使用しているからなのか
デジカメのモニターがチラチラとものすごい速さで色が変わり
一定の設定に対応できないの。
ケーキ的にはスタジオで撮るのが一番いいんだけどなーカメラ

ABCマカロン4.JPG

一気に16個も食べられないので、
その日のうちに冷凍して、翌日保冷剤と一緒に
東京に手土産としてもって行きました。

さて、断面。

ABCマカロン5.JPG

マカロンて、意外に中まで焼けてないのね。
だから、外サックリ、中ネチョっとした食感なのね。
あんまり好きじゃないから、ほとんど食べたこと無かったわ。

ABCマカロン6.JPG

これはイチゴ。
フリーズドライだからか、風味がとてもいいですかわいい
色もほんのりピンクでカワイイ。

マンゴーも同じくフリーズドライなので、美味しい。
抹茶はもともと抹茶味が好きではないので…。
コーヒー味喫茶店は家で大人気でした。

それぞれにアーモンド風味もかなり強く感じますが…

それにしてもあまーーーーーい(笑)

カワイイので、復習のためにまた作ってみたいですが
あまりの甘さに怯んでみたりがく〜(落胆した顔)
アレンジするなら、フツーの何も色をつけないマカロンに
ミルクチョコ×コーヒーのクリームなんて美味しそう。
外国人有名パティシエのように
マカロンに毒々しくドピンク色を付けても
チョコとのコントラストが映えるかな?と
クオカでピンクの食紅を購入してきました。

でもぉ…

後日、地元のパティスリーのマカロンを食べてみましたが
やっぱり甘いと思う、まかろんて。

mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio



2009年09月05日

ケーキコース基礎クラス☆第16回【ムース・オ・カシス】 〜 ABC Cooking Studio

[スイーツ] ブログ村キーワード

ABCカシスムース2.JPG

第16回はcake.gif
【ムース・オ・カシス】を習ってきました。

直径15cmセルクルで1ホール作ります。

カシスとはフランス語。黒すぐりのことなんだそうな。
英語ではブラック・カラントと言います。

そのカシスのピューレを使った酸味のあるムースと
ココアのスポンジのケーキです。

まず用意されていたのが、大量のカシスピューレ。
ちょっと味見してみたら、すっぱいだけがく〜(落胆した顔)(笑)
そりゃそうだよね。ピューレだもんね。
ピューレは温めすぎると、味や色が変わってしまうことがあるそうです。

久しぶりにゼラチンを扱ったのですが
前回のイチゴのムースのポイントとか、意外に覚えていて
自分偉いな、と(笑)

セルクルにムースを1周ぐるっと塗りつけてから
スポンジ→ムース→スポンジ→ムースと重ねたら
冷凍庫で急冷してから、カシスのゼリーをかけます。
最後にフランボワーズとブルーベリー、チャービルを飾りおしまい。

ABCカシスムース.JPG

上から見るとぴかぴか(新しい)ツヤツヤぴかぴか(新しい)でおいしそうですが

ABCカシスムース3.JPG

横から見るとスポンジがうっすら見えてるふらふら
真ん中右の方ね。

ABCカシスムース5.JPG

断面も先生に注意ポイントとして言われてた
「スポンジの外側が上に上がりがち」なのが…
見事なまでに上がっています。
これを平行に保ったまま仕上げるのが、プロの技なんですね〜グッド(上向き矢印)

ABCカシスムース4.JPG

憂にはまだまだですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
卵白を使うちゃんとしたムースをおうちでは作ったことがないんですが
復習しないとなー。。。セルクル買わないとなー。。。

お味のほうですが、甘くないので食べやすいです。
すっぱいデザートが好きな方に、最適です黒ハート

mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio



2009年07月25日

ケーキコース基礎クラス☆第15回【タルト・オ・ポワール】 〜 ABC Cooking Studio

[タルト] ブログ村キーワード

ABCの記事も久しぶりでございます。

ABC洋ナシのたると3.JPG

第15回はcake.gif
【タルト・オ・ポワール】を習ってきました。

直径15cmタルト型で1ホール作ります。

poiresとは洋梨のこと。

まずはタルト生地作り。
というか、これがメインですからね。
作ったのは6月ですが、気温が上がってくるとタルト生地を扱うのが難しくなります。

さくさくの歯ごたえを出すために、とにかく練っちゃダメ。
クッキーと同じです。
とは言え、今回はプレゼという技を使います。
これは生地をキッチン台などに押し付けて伸ばす。
まるで粘土遊びしてるみたいです。

生地が出来たら伸ばして、型へ。
書くのは簡単ですが、実際にやるとなると、ものすごーく大変。
生地が割れて、ボロボロどころかバラバラに!!!ふらふら
アーモンドパウダーが入っているので、素人には難しいです。
この鉄壁に負けちゃうと、タルトを作るのが嫌になっちゃうがく〜(落胆した顔)

空焼きした後、アパレイユを作って洋梨を乗せて焼きます。
タルト生地が大変だった分、アパレイユは簡単です。
タルト生地と同じような材料のアパレイユ。
配合と混ぜ方が違うだけで、こんなにも食感の違うものになるんですね。
洋梨を切るのはただスライスするだけなのに、やっぱビリの私。
さらにはそれを飾るのに、めっちゃ手間取る私。

ABC洋ナシのたると.JPG

さて、焼き上がり。
焼きすぎじゃないですか?先生(笑)

ABC洋ナシのたると2.JPG

どうみても黒いですけど?

ABC洋ナシのたると4.JPG

まぁ…気にせずに、アプリコタージュし、飾りのピスタチオを。
見本はアパレイユの茶色い島に置くものでしたが
私はあまりきれいに島が出来なかったので、ぐるっと一周。
可愛く出来ました黒ハート

持ち帰って冷やしてから食べました。
黒く焼きすぎ?と思いましたが、全然気になりません。
タルト生地はさくさく。
アパレイユはしっとり。
洋梨は缶詰ではありますが、このタルトにジューシーさをもたらす唯一のフルーツ。
それぞれが一体となり、美味しかったです手(チョキ)
2歳になる甥っ子が美味しそうに食べてくれたので、また励みになりましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio


2009年03月16日

ケーキコース基礎クラス☆第14回【モンブラン】 〜 ABC Cooking Studio

[モンブラン] ブログ村キーワード

ABCモンブラン.JPG

第14回はcake.gif
【モンブラン】を習ってきました。

直訳すると「mont=山」「blanc=白い」となります。
一般的なモンブランの大きさで5個作ります。

まずは、ココアスポンジ。これは土台になるものです。
家でもたくさん作っているので慣れたモンですわーい(嬉しい顔)(笑)
共立て、湯せん有り。
それにしても、計量してくれてると早い早いexclamation
しかも先生に言われるがままに手を動かすだけでも、出来上がってしまう。
これって怖い。
ぼーっとしてても出来ちゃう。
だから嫌いな先生と好きな先生で、授業の充実度が違う。
もちろん自分の心がけ次第。
より学びたいと思えば、先生の一言一句聞き逃さないで
一挙手一投足見逃さないで、自分のものにしないと。

今回もシート状のスポンジ。
先生がクックパーを折って型を作っておいてくれました。
低い位置から流し入れ、コルヌで均す。この均しが苦手ふらふら
あんまり触ると、せっかくの泡が消えて、上手く膨らまないのだけど
家では先生が言う2倍の時間は均してます。
まぁ、それでもちゃんと膨らんでるんだけどね。
今回ももちろん成功決定黒ハート

お次はモンブランだけに、栗のクリーム作り。
バターとマロンペーストを、ゴムべらで混ぜます。
もうね、ひたすら。バターをチョビチョビ加えながら、ホント、ひたすら。
結構力が要るし、馴染むまで時間がかかるからスッゲー疲れる。
これ、ハンドミキサーでやればよくね?

混ざりきったら、ラム酒投入。
ラム酒って良い香りだよねー。大好き揺れるハート
香りで一気にプロっぽくなる。
これを絞り袋にいれて、冷やしておきます。

生クリームを泡立てたら、組立。
ココアスポンジを大小丸くくりぬいて
クリームで合体して、栗の渋皮煮を刻んだものをのせて
マロンクリームを絞るッパンチ

ABCモンブラン2.JPG

最後に粉砂糖を振って、ケースに入れておしまい。

今回はマロンクリームの絞りが…恐ろしい程、出来なかったッス。
結果、みんな似たり寄ったりだけど、ホント難しかったなぁ。。。
これだと、復習、、、しないかも(笑)
あまりに下手すぎて、凹みます。

それでも、お家に帰って食べたら(゜Д゜)ウマーるんるん
栗が濃厚。風味が抜群。

今までと違って、ちょっと甘かったね。
もっと甘くないほうが、好み。

mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio
posted by 憂 at 09:45 | ABC Cooking Studio 〜 基礎クラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

ケーキコース基礎クラス☆第13回【ケーク・オ・カラメル・エ・オ・フィグ】 〜 ABC Cooking Studio

[パウンドケーキ] ブログ村キーワード

ABCカラメルイチジクパウンド.JPG

第13回はcake.gif
【ケーク・オ・カラメル・エ・オ・フィグ】を習ってきました。

ABCが付けている日本語のタイトルは【いちじくのカラメルパウンドケーキ】です。
figuesがいちじくと訳されます。

10×4.5cmパウンドを3台作ります。

まずはカラメルソース作り。
グラニュー糖を煮詰めてカラメル化してから生クリ+ミルクを注ぎ入れます。
鍋の中はアツアツのところに液体が入るので、
ブワー!ブクブクと地獄風呂のように。
いつまでもカラメルを焦がしていたのと
生クリームを入れてから、かなり煮詰めたのが意外でした。
色の濃いキャラメルクリームです。

バターケーキはABCでも何度も作りましたが
今回のケーキが一番混ぜ時間が長かったですね。
バターとお砂糖をハンドミキサーで混ぜるだけで、かなりの時間がかかりました。

その後、卵液を少しずつ混ぜ込むんですが
途中ちょっと分離もうやだ〜(悲しい顔)
分離したらアーモンドパウダーを入れて、玉子の水分を吸わせるんだけど
これが…微妙(笑)
分離が収まらず…でも先生はOKと言ったので、それで続行。

粉類を入れ切混ぜて、セミドライのいちじくとローストされたくるみを混ぜ、型に流し入れる。
型の敷き紙は、例の通り先生が準備してくれていました。(かなりウレシイ)

焼いている時間は洗い物。
今回、バターケーキのクセにものすごい量の洗い物です。
みんなで協力するはずが…今回は残念な生徒さんと一緒になってしまいました。
その方、何が面白くないのか、全てに対して嫌な感じ。
だいじょうぶですかーーーぁ?と聞いてあげたかったわ。


焼き上がったらアプリコタージュ。
先生が4人分のあんずジャムを煮詰めてくれます。
今回は煮詰め終わりのポイントを聞くことが出来たので
以前のような失敗はしないでしょう(笑)
その失敗をかりんちゃんとおかまちゃんに喰わせてる私。

ABCカラメルイチジクパウンド2.JPG

アプリコタージュを糊代わりに、上に飾り付けをしていきます。
ドライいちじく、くるみ、シナモンスティック、スターアニス、かぼちゃの種、あんずを具合良く。
スターアニスがカワイイ。

だけど、持って帰って箱を開けると、ケーキ全体が八角のニオイに。
ウチの家族、中国旅行してから、どの料理にも入っている八角が嫌いなんです(笑)
急いでよけて、素知らぬふり。


翌日〜。
切り口に中のいちじくとクルミが見えないけど、全体の1割くらい入っている感じ。

ABCカラメルイチジクパウンド6.JPG

ケーキ自体はホロホロと崩れて食べにくい。
しっとり感はまぁまぁ。焼き過ぎか?
カラメル風味は感じられない。。。
かなり重たいケーキです。1個の半分くらいで満足。

ABCカラメルイチジクパウンド7.JPG

手間が掛かっている割に…あまり好みじゃないこともあって
どうなんだろう?
良いところは…クラシカルなケーキという印象かな。
それとラム酒の香りが良い黒ハート
ドライフルーツやナッツが好きな人にもお勧めです。

三種三様の飾り付けで。

ABCカラメルイチジクパウンド3.JPG

ABCカラメルイチジクパウンド4.JPG

ABCカラメルイチジクパウンド5.JPG




mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio
posted by 憂 at 09:48 | ABC Cooking Studio 〜 基礎クラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

ケーキコース基礎クラス☆第12回【タルトレット・オ・ノワ】 〜 ABC Cooking Studio

[焼き菓子] ブログ村キーワード

…コレ記事にするの忘れてました。
11/22の話(笑)

ABCナッツタルト2.JPG

第12回はcake.gif
【タルトレット・オ・ノワ】を習ってきました。

ABCが付けている日本語のタイトルは【ナッツのタルトレット】です。
noix(ノワ)はくるみ、ナッツの総称だそうです。

直径7cmタルトレット 5個作ります。

ABCナッツタルト.JPG

タルトは苦手ですが、4回目のタルトなので、余り気負わず。
と思ったけど、やっぱりパニくりました(笑)

というのも、周りの作業より私が遅れることが多く、かなりプレッシャーになりました。

@サブラージュが苦手。
あれ、よくわからん。。。
手で練らないようにサブラージュしているけど
隙間から粉が落ちないので、いつまでも手で作った“篭”の中に有る状態で温まってきてしまう。
温まって、バターが溶けるのが怖いので、途中で放り出す(笑)
また掴んで、サブラージュ。の繰り返し。
粉チーズの状態になるのがみんなより遅い…。


ここでテーブル移動。
11/22…イイ夫婦の日はローストチキンを焼く特別ムードカップルレッスンの日。
グループの為にテーブルを空けなくてはならないのだがく〜(落胆した顔)

移動した先は料理の人が試食をする専用テーブル。。。
ここで少し作業をして、他のテーブルが空くのを待つ。
空いたのは、本来ケーキコースがいつも使っているテーブル。
移動、多い。。。

Aまとめた生地を型に入れるのが苦手。
爪が長いせいもあるが、ゆっくりやらないとタルト生地に穴が空く。
でもゆっくりやっていると、生地がだれてくる。
伸ばして型で抜いて入れる。先生が型にはめ込む(笑)その間に伸ばす。
そのくらい鈍いのです。
一緒になった生徒さんも手伝ってくださるくらい、鈍いのです。


というか、この時一緒だった生徒さん…超苦手。
手を出されたのはまぁいいとしよう。
しかし、焼きで待ち時間に、私が友達と話してる中に割って入って来るのには参りました。。。
多分、仲良くしたいんだろうけどさー。
やっぱ、変な人ーって何回も思いました(笑)
KYちゃん。


タルトさえ空焼きに入れば、あとは簡単。
たまごのアパレイユ作って流し込んで、ロースとしたナッツを乗せて、本焼き。

ABCナッツタルト3.JPG

ナッツが苦手なワタシでも美味しい!と思える甘さ控えめなタルト。

このタルトは今まででイチバン好評だったのでは?
パパが特に好きそう!と思ったら、案の定(笑)ベタ褒め。
(まぁ、普段から溺愛されているんだけど)

ABCナッツタルト4.JPG

身内だけではアレなので、他人の感想も。
「憂ちゃん、お店で売ってるのより美味しかったよexclamation×2
「もう、お菓子屋さんになっちゃえばexclamation&question
そうですか。
お教室で作ったモノは、ハズレ無しですからねー爆弾

で、こんだけ大絶賛のお菓子、リピしない手はあるまい?
だけどいろいろなナッツがちょっとずつだったり、材料を揃えるのがめんどい。
なので、ABCクッキングマーケットでお買い物しました。
生徒限定のABCかんたんキット。
クリスマスやバレンタインなど、楽しいイベントのお菓子作りが楽しくて放置してましたが、作ったらUPします!


mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio
posted by 憂 at 12:28 | ABC Cooking Studio 〜 基礎クラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ケーキコース基礎クラス☆第11回【ミルクレープ】 〜 ABC Cooking Studio

[料理教室] ブログ村キーワード

ABCミルクレープ.JPG

第11回はcake.gif
【ミルクレープ】を習ってきました。

直径18cmのものを1台作ります。
<ミルクレープ>のmilleは千の・千枚の、crepesはクレープデシンでちりめんと訳されるそうです。

まずはカスタードクリームを炊きます。
【タルト・オ・フリュイ・フレ】以来のことなので少々忘れ気味(汗
前回はそんなに難しくないと思ったので、舐めて掛かったら
なんだか今回はけっこう大変でした。
同じ事やっているだけなのにね。

炊きあがって急冷している間にクレープを焼きます。
クレープぐらいはお家で作ったことあったけど、今回はHMじゃあありません。ひひ。
18cmのフライパンを使って、14〜15枚くらいのクレープを焼きます。
12枚くらいでもいいけど、15枚焼けたら素晴らしいって。
溶かしバターが入っているので、フライパンに焦げ付く心配もないようです。
結果14枚。
ワタシが綺麗だなと思うちりめん模様だと、先生にはちょっと濃かったみたい。

焼き上げたら、クリームを作成。
生クリームとカスタードクリームのMIXです。豪華ぴかぴか(新しい)
教室で用意してくれた薄切りスポンジを下に敷いて
あとはクリームとクレープを交互に塗っていくだけ。
ドーム型を意識したわけではないけれど、ドームになっちゃいました。
最後に一番大きくて綺麗に焼けたものを被せているので端が乾燥してひらひら〜(笑)

ABCミルクレープ3.JPG


カットしてみると綺麗な層に!
自分で作っていてなんですが、けっこうこういうの感動しますぴかぴか(新しい)

ABCミルクレープ2.JPG

一口食べての感想は
「クレープが厚い部分があるので、やっぱりお店で買った方が美味しいね」と内心思っていると、ウチのパパが大絶賛。
「これ、バナナやキウイ、チョコレートが入っていたら美味しいべナァ」
うちのパパ、バナナ大好きなんですよ。
「今度また作ってね黒ハート」というので、「バレンタインにね失恋」と返しておきました。
でもパパも、「ハーブス」のミルクレープ食べたら、そっちに軍配ですよ、きっと(笑)

ABCミルクレープ4.JPG


mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio
posted by 憂 at 09:49 | ABC Cooking Studio 〜 基礎クラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

ケーキコース基礎クラス☆第10回【ムース・ア・ラ・フレーズ】 〜 ABC Cooking Studio

[いちご] ブログ村キーワード

ABCいちごのムース.JPG

第10回はcake.gif
【ムース・ア・ラ・フレーズ】を習ってきました。

ABCが付けている日本語のケーキ名は<いちごのムース>
直径6cmセルクルで5個作ります。

今回の先生は以前オレンジケーキを習った先生だったのだけど
その時から、相性が悪いな〜と感じていて(笑)
そんなに難しいメニューじゃないのに
今回もかなり疲れたし、一番汚い仕上がり。。。

いちごピューレをふんだんに使用したムースは、卵白の泡立てがまたもや手動。
ムースの時は手動って決まってるのかね。
こういうの得意じゃないから疲れたわ。

ピューレにゼラチンを溶かし入れるところで、何度も様子を見るんだけど…
なんかわかりづらい。
ポイントはないのかな?
結局分かったのは、気泡のようなツブツブを手で潰してみて、潰れなかったらまだ。
ピューレの温度加減の限界とかが、先生が慎重にやれって言ってるのは分かるけど
何処がどうなったらってのが分からないから、家で作ったら失敗するかも。

ABCいちごのムース2.JPG

組立の時に使うスポンジは、いつものスライスしたモノがビニールに入った市販品(?)。
これを型で抜くのだけれど、どう考えても足りないよ?
「詰めて抜いてね」って抜き始めてから言われても。(いや、詰めて抜いてたけどさ)
しかしさ、ムースってさ、ムースだけじゃなくスポンジも焼くわけだよね。
自宅で作るのはかなり面倒だよね。
2日に分けてやった方が良さそうだ。
更に上掛けのジュレ(ゼリー)まで作らなきゃでしょ。
ムースをいっぱしに仕立てるのは、大変。
だからデザートバイキングとかは
ムースだけとかムースとゼリーだけとかムースとスポンジだけと省略してあるんだろうね。

ABCいちごのムース3.JPG

ですが
ムース嫌いな私には魅力的に思えず
せめてキレイに仕上げようと思っているのだけど…
今までで一番汚い仕上がりになりました。


mouse.gif↓ABC Cooking Studioの記事はコチラ↓mouse.gif
目次☆ABC Cooking Studio☆インデックス

※参考 ABC Cooking Studio
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。