人気ブログランキングへ anime1.gif にほんブログ村 旅行ブログへ

2007年05月26日

帰国の途<ベトナム旅行記2004>

8/17 夜 帰国の途

ホテル

ホテルへ戻り余ったVNDで絵はがきを買う。
VNDは日本で換金できないので完璧に使い切ることexclamation

そして、もう一度パッキング。
とはいえ部屋には入れないのでロビーの隅っこで。
でも、どうせ入りきんないしさ。
わかってたしさ。カゴバッグ買ったしさ。
いいんだ、いいんだバッド(下向き矢印)

モコに「パンドラだね」と言われながら
やっと閉めたスーツケースは激オモふらふら
ハンパない。来るとき20kgだったから絶対オーバーしてるよな
空港でお金取られるよな。
仕方ないよな。

そうこうしているうちにガイドが30分も早く迎えに来た。
とうとう帰るのね…もうやだ〜(悲しい顔)
しかし、ワゴンバスに乗り、更に3件のホテルを廻り
そのうちの1件に客が居なかったので他のホテルに行った後
何回も廻ったりさんざん待ったりしていたのだが
結局居ないので置いていくことにがく〜(落胆した顔)大丈夫なのかな?


帰国の途

空港に到着後、空港使用税を払い航空券を受け取り
いよいよ荷物爆弾
量りに載せたらなんと30kgexclamation×2exclamation×2
ヒェー、ヤバイふらふら
いくら取られるんだろう、と思っていたら
あっさり「どーぞー」って感じで流された。
いいのか?ベトナム航空。

出国管理に行くと「なんだコレは」と思うほど無駄に広い空間。
普通の体育館位の広さはあったはず。

無駄に広ッ!.JPG

さて、あとは搭乗を待つだけとなり
待合いでTVを見ていたのだが
いつになっても搭乗口に呼ぶアナウンスが聞こえない。
ホーチミン発が23:50予定だったのだが
天候の関係で遅れて結局飛んだのが25:00過ぎ。

何故遅れているのかのアナウンスも無いって事に
周りに座っていた人たちが腹を立てていた。
私はあんまり飛行機乗ったこと無いんで
どうゆう時にアナウンスが流れるのかわからないけれども
とにかく他の航空会社を利用している人もみんな待たされてた。
でも、JAL便は20分遅れくらいで一番に飛んでいっちった。
さすがだ。
posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

アオザイ引き取り&魅惑のフォー【PHO24】<ベトナム旅行記2004>

8/17 Miki’sHOUSE アオザイ引き取り&PHO24

オーダーしていたアオザイを取りにMiki’sHOUSEへ。
それぞれ順番にフィッティングしてお直しをして貰う。
モコはすんなりいったが、憂は3回直し。
がりまっちょモコはすごーく似合ってたが
憂はより太って見える。
ちょっと、色の選択肢がなさすぎた。

アオザイフィッティング.JPG

後で判ったことだけど
ここで無理矢理作らなくても
作れるところはたくさんあったので
無理して作らなくてもヨカッタかもなー。
しかも安いし、いきなり行っても1日半〜2日有れば
無理しても仕上げてくれそう。
(というか、「出来ますッ!だからもう1着作りましょう!」と言ってきたお店の人がいた)

お直しの最中、終わった後も私達は時間が有ったので
ここに勤めているベトナム人の女の子達とおしゃべり。
アパートの家賃はいくらだとか、何人で住んでるとか
みんなにベトナムの言葉を教えて貰ったり
日本語を教えてあげたり、片言英語で質問ごっこをしたり。
この時間はホント楽しかった。
もう、今日帰るのにベトナム語教えて貰ってるのも可笑しかったし。
もっと、早くこんな時間が持ててたら良かったなって思う。
そしたら、この女の子達と仕事の後、遊べたかも知れないのに。


アオザイを作ったお店でお喋りをしているときに教えて貰った
<この辺で美味しいお店>へ。

ドンコイ通りにある<玉将>(誤植ではありません、本当に将棋の駒の中にたましょうと書いてあるの!そして、ローマ字表記はoso。なぜ?)というお店は、「美味しくなかったらお金いりません」と日本語で堂々と書いてあり¥130と激安なのだが
「そこよりも美味しくて地元の人も来るよ!」
と言われていったそのPHO24のフォーは激ウマ。

pho24.JPG

メニューは日本語が書いてあった気がする。。。
憂は牛肉入りのPho Bo(フォーボー)、モコは鶏肉入りのPho Ga(フォーガー)。

フォー24.JPG

別の皿にもやし・パクチー・タマネギ・ライムなどが
盛られてくるのでお好きなようにトッピングして。
しかーしexclamation生野菜はお腹を壊しやすい(特にもやし)ので
ライムを絞りパクチーを載せて食べる。

フォー24-2.JPG

ここのお店の名前<PHO24>は<24000VND均一>と言う意味なんだって。
実際にはそれより高い26000VNDのフォーも有るけど(笑)
美味しいので食べて損なし。
ウェイターさん達がみんな(?)ジャニーズ系でカワイイ。

モコはこの旅行中、毎日フォーかミーを食べていたのだが、
ココのフォーは悶絶するほど旨かったらしい
憂ももちろん今回の旅の中で一番美味しい食事と感じた。

※参考 PHO24 HP

ちなみに六本木の東京ミッドタウンにPHO24がオープンしたというのは本当なんでしょうか?
PHO NAM (フォーナム) という名前のようですが…
※参考 PHO NAM HP
同じ店なのかなぁ?
情報を知ってる方がいましたら教えてください。
また食べたいーーー!
posted by 憂 at 10:20 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ベンタイン市場からドンコイ通りへの道のり〜レロイ通り<ベトナム旅行記2004>

8/17 ベンタイン市場からドンコイ通りへの道のり〜レロイ通り

昼食

ベンタイン市場を出てすぐの<バンブー>というカフェ。

bamboo.JPG

住所 96 Nam Ky Khoi Nghia St., Dist.1, HCMC
TEL 08-827-9984

結構雰囲気の良いカフェのくせに「本日の定食」が2種類。
2人でそれぞれ頼んでみる。

定食.JPG

定食2.JPG

日替わり定食が2種類。
憂は豚の角煮定食。モコは煮魚定食。

1食19000VND≒\133
その他に「オレンジーナ」というオレンジジュースが20000VND
アイスコーヒーが18000VND
なんで、定食よりドリンクが高い?
これは、ホーチミンのカフェなど全般に言えること。
そんなことに気を取られてすっかり忘れていたけど
コーヒーに氷が入っていた(多分自家製)のに飲んじゃったexclamation×2
大丈夫かな…ふらふら

ベンタイン市場から、ホテル方面へ歩いて帰ることに。
免税店や国営百貨店、通りの文具店などを見ながら歩いたのでそんなに遠くは感じなかった。
行きのタクシーの緊張は何だったんだろう。。。
でも、それはそれで経験だよ!うん。

こちらの免税店は化粧品などはなく、香水やせいぜいレスポのバッグくらい。
化粧品類が欲しい人は出国の際、日本の免税店で買った方がよい。

また<ラッキープラザ>に寄り、お土産のパーティーバッグ($7)を購入。

ミニミニ食器も$1で購入。

$1のバッチャン焼.JPG

その後<SAKURA>に行ったら、パーティーバッグは$5にしてくれるとのこと(値札は$10くらいだったかな?)。
なんだよー、ここで買えばヨカッタよ。
昨日買い物したから今日は大負けしてくれるというので
また自分用に布バッグ($25→$16)とスカーフ($7→$6)とモコとお揃いのシクロTシャツ($3)を購入。

SAKURA〜bag.JPG

昨日の時点で荷造りをして
朝フロントにスーツケースを預けたんだが、もういっぱい×2
絶対今日買ったモノは入らない!ピーンチ!
というわけで更にドンコイ通りの雑貨屋さんで
買ったモノを入れて手荷物で帰るためのどデカイかごバッグを買う。
たぶん横60cm×縦40cm×マチ20cmくらい。
赤くてカワイイの。キャンプや海にも持っていけるん♪

どうやら昼食の氷の件は大丈夫だったみたい。。。

おっさん達が道ばたに座って何してんの?
と思ったら、囲碁でした。
長閑だのぉw
もしもし、仕事はーーー?
おーい仕事は?.JPG
posted by 憂 at 11:30 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

ベンタイン市場<ベトナム旅行記2004>

[ベトナム] ブログ村キーワード

8/17 AM ベンタイン市場

待ちに待ったベンタイン市場。
前日からタクろう車(セダン)と決めていたので
ホテルを出て早速タクシー探し。

と、言いたいところだが
実はビビってあせあせ(飛び散る汗)なかなかタクシーを捕まえられない。
もう、お盆休みも終わりで日本人が少ないからか
タクシーやシクロからの呼び込みはひっきりなしー(長音記号2)モバQ
その声にビビってタクシーに乗りたいのに乗れないたらーっ(汗)

少し歩いてハイパーチュン通りに出てから、赤いタクシーを拾う。
おっちゃんに「メーターOK?メーターOK?」
しつこく聞くがおっちゃんは「OKOK」と気怠そう。
なんだか心配だけど、ココまで来たら乗るしかないじゃんパンチ

でも、そのタクシーあーたーりー!!有料
メーターちゃんとしてるし、おっちゃんボる気ゼロだし
市場まで12000VNDだし。

やっぱ、あの気怠さ、やる気のなさがミソなんだろうね。
自分から呼び込みするような人はダメな感じがスル。
で、無事ベンタイン市場に到着。

dogfood.JPG
ドッグフードも米も量り売りです。。。

ベンタイン市場はかなり広い。
といっても全部見切れない程ではないけど
とにかくモノが溢れている。
同じような店が並んでいるので
欲しいモノを一度ざっと見てから
とにかく安い店や値引きをしてくれる店を探す。

ベンタイン〜bag.JPG

しかし民間の雑貨屋さんは一度声を掛けると
なかなか離してくれないので大変かも。



バッグは「イイナァ」程度でも結局買ってしまったし。

ベンタイン〜bag2.JPG

値引き交渉は楽しく!が基本。
自分が思ってる値段より$5は安く言ってみること。(少ないかな?)
自分が思っている値段まで下がらない場合は
「うーん、欲しいけどお金が無いから買えない。ごめんね」
と可愛く言って潔く立ち去ろう。
そうすると、相手は
「ちょ、ちょっとまって。じゃあ、この値段では?」
と自分が思っている値段近くまで下げてくれる。
ここの店でモコは、$25のバッグを$20に値切って買いましたとサ。

果物?.JPG
このすぐ隣に屋台を並べたような食堂がたくさん犇めく。
チェースタンドみたいなモノもあって、現地の人が食べてた。
体調が悪くなるのを懸念して食べなかったけど、おいしそうだった。
定食でだいたい$1以下。

刺繍巾着選び.JPG

刺繍の巾着は旅行前から狙っていたモノ。
テーブルクロスやコースターもこの中に埋まってます。




前日ドンコイ通りのTomboというお店で可愛い巾着を見つけたのだけど、$3。
市場にきたらあるわあるわ、パクリの山!!

ここでは始めは$2と言っていた巾着を
「他の店では$1だったよ」と値切る(笑)
中央に写ってる日本人のおばちゃんの分までいっしょに値切った。
値段交渉は楽しさもあり、面倒でもあり…。
モコが買ってたちっちゃいのは3枚で$2だったかな。
もちょっと、値切れた気がするけど、ココはまとめ買いではないので断念。

値段が決まった所で
汗だくになりながら巾着の山からお目当てを探す。
本当に山のようにあるので、お店の人も一緒に探してくれる。

刺繍巾着.JPG

これはモコが買った分。
大きいのはA4サイズオーバーくらい。
小さいのははがき大くらい。

全て手刺繍。
柄は花柄から写真のような、おフランスチックなものまでバリエーションはたくさん。

憂もお揃いで買いました。
(でも今となっては一番気に入っているブラ&ショーツとシューズが手元に見あたらない…どうして?)

他にもこんなデザインのモノも。
(こっちは有ったので昨日撮影)

きんちゃく.JPG巾着.JPG

ここでの収穫
憂:ママの刺繍アンサンブル(\1610位)、ママのバッグ(\1750位)、刺繍巾着5枚($5)
モコ:カゴバッグ、刺繍巾着、ミニ巾着、バッチャン焼きの香炉と小皿



ママが一昨年行ったら、巾着事情も変わっていたようです。

オーガンジー巾着.JPG巾着刺繍拡大フラワー.JPG巾着刺繍拡大ロータス.JPG

見づらくてすいませんm(_ _)m

オーガンジーの可愛い巾着。
篭バッグにいれて使用してます。
浴衣でも普段着でもいけるので大活躍。
(その大事なかごバッグが…先日ハワイで崩壊しました…もうやだ〜(悲しい顔)

うーんやっぱり日本で買うと高いなぁ。。。

 

ママは50枚も買ったのに1枚$1で買ってきたんだって。
もっと値切れるのにね。
それでも、値切った!と言い張ってたけど。
それより50枚って重くねぇ???

※参考 ベンタイン市場
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

SAKURA@ホーチミン ラッキープラザショッピングセンター<ベトナム旅行記2004>

ちょっと余談。
ピンキーでお馴染みのフレンチスパイラルに憂の記事がUPされましたグッド(上向き矢印)
見てね!
お題「ついつい集めちゃうモノ」

8/16 夜 ラッキープラザショッピングセンター

一度、ホテルに戻り、TAX買った荷物を置く。
また、ドンコイ通りをふらふら。
ラッキープラザショッピングセンターにて、更にお土産を買い漁る。

ちっちゃいアオザイ人形10体を$5を値切って(笑)
$4で購入。

miniaodaidoll.JPG

これは今回の旅の中で自分にとっての大ヒット!超カワイイ揺れるハート
おうちにずらーーーと並べて飾ってルン。

SAKURA.JPG

それから、ラッキープラザ内にあるSAKURAという雑貨屋さんで
お土産にシルクのバッグを4個と水牛の箸を購入。
ここでの値切り交渉の相手はトゥアンという若き女主人(25才)

憂:「5個買うから安くして」
ト:$13のバッグを指して「うーん、じゃあ、1コ$8だったらいいよ」
憂:(心の叫び:えぇー、そんなに安くしてくれるのぉ!でも、、、)
  「$7にならないかなぁ???」
ト:「だって、私、生活大変!だけど憂さんいっぱい買ってくれるから1コ$8でOK。私、$5も負けてる。全部で$40。ネ。」
憂:(心の叫び:うぅ〜かわいいやん。)「ふぅ。OK、OK」

オヤジか、アタシは。

この姉さん、ほんとカワイイ。
年下なのにしっかりしてるし、頭もいい。
日本語はもちろん英語も喋ってた。
値切り交渉の最中なのにザクロ食べながらだし(笑)
商品を選んでても特にシツコク声を掛けてくるわけじゃないし
かといって客を邪魔にしないし。
ザクロ食わせてくれたし。

今回の旅で一番お気に入りのお店。

商品数がそんなに多いわけじゃないけど
とにかく働いている人の雰囲気がイイ。
新婚ほやほやのご主人も店にいたのだが
携帯電話で楽しそうに話してる。
ヲイ、仕事は?って言いたくなる所だけど
奥さんのトゥアンが何より旦那が大好きで
そんな状況でも怒りもせず笑顔で
「お客さんの品物包んでよ、ねぇ黒ハート」みたいなー。
だから、私達客もほんわかしてくる。
それを待ってる間も苦痛じゃないの。
「イイヨ、イイヨ。ゆっくりやってよ」みたいになる。
いいお買い物、いいベトナム人との出会い。最高!

この日は、昼食が遅かったためお腹が空かず、夕食抜き眠い(睡眠)

去年、母達がホーチミンへ行った時に
「ちょっと他には無いモノが安くて
 更にまとめ買いするとまけてくれるお店」

としてここの名刺を持たせて、お店に行くよう指示。
ラッキープラザ内の他の店に聞いても教えて貰えず
2Fまで上がってしまったという逸話があるが
無事見つけ、案の定ハマった母は連日通い
(しかしトゥアンには会えなかったそうな)
その後のカンボジアツアーで一緒になった女性達に
オススメのお店を聞かれてSAKURAを教えてあげたんだそうな。
SAKURAがクチコミで広がってくれたらいいな、と思う。
posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

国営百貨店TAX <ベトナム旅行記2004>

8/16 国営百貨店<TAX>

大きな4車線道路グエンフエ通りに面した
国営百貨店は2003年にリニューアルされた。

ここにはスーパーマーケットが入っており
地元の人も買い物をしているらしい。
荷物を入り口脇にあるロッカーに預けて(ちと、不安。)
財布のみでいざレッツゴー!

基本的には日本のスーパーと同じ。
日用品やお菓子、衣類などなんでも売っている。
歯ブラシのブラシ部分がデカイ(笑)
ただし、生鮮食品は少ない。
肉や魚などは全て冷凍だった。
果物は冷蔵が豊富。

憂はここでヌクマムベトナムコーヒー(アルミフィルター付き)お土産用のお菓子を大量に買い込む。

今回は当時の写真がないモノが多いので
楽天からたくさん引っ張ってきました。
だけどあまりに高いのでオススメできませんバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
見るだけ!見るだけ!
ベトナムと比べちゃダメだけどさ…。





↑お菓子のメーカーは違うけどこんな感じのものです。
見てたら食べたくなる…。

全部で140500VND(≒¥984)、マジ安い(´−`)
蓮茶も前日シェラトンで買ったものより断然安い!
お菓子の詰め合わせ(日本からネットで調べていったお目当て品。サイトでは$2くらいと書いてあった)なんてシェラトンでは$6の値段がついていたものがここでは$1〜2くらい。
お菓子は駄菓子の白くて薄いお煎餅のようなものの間にスニッカーズのような粘り気のあるピーナッツが挟まっているもの。
甘さは日本人好みで香ばしい。
他にも胡麻とか種類があって詰め合わせも有れば、単品でも買える。
詰め合わせの箱に「鳳凰」のマークが有ったような…。


ショックな反面、激安に嬉しくなるお買い物だった。



やっぱりインスタントフォーもあった。
憂がMiki's Houseで買ったのよりかなり安かった(T_T)
スーパーを出たらロッカーから自分の荷物を受け取るのを忘れずに!


スーパーの外には土産物がいっぱーいハートたち(複数ハート)

ここではケイウンスクばりのおばちゃんに捕まり
色々見ていたらモコが3足$20の刺繍サンダルに目を付けた。
シェルの飾りがついたサンダルもその3足の中に含まれていて
色々試着して選んでた。
その顔がすっごく楽しそうわーい(嬉しい顔)
「今、ヤツはアガってるon」と確信ひらめき

こんなカタチのものとか↓



その隙に私は母に頼まれていた果物の形のコースターとフルーツピックを購入。
これが木製なんだろうけどやたらと重い。
なんだかあんまりカワイイ果物が無かったので
ドリアンのセットでウケを狙っていこうかと思ったんだが
直前で考えを改めドリアンはコースターのみにしてみた。
一つはピンク系の果物のフォークセット。(マンゴスチン?)
全部で$4、5くらいだったかな?

 
 

雑貨屋セールズ

↑ココでいろんなカタチのモノが売っています。
すっごく可愛いけど高いので注意!!
ドリアンのコースターもありますよー。


チョロン市場などに行かない人は
まずここでお土産の値段をチェックすることをオススメ。

オモチャやさんも有ったので一応バービーをチェック。
ボブ・マッキーデザインのドレスを纏ったバービーに
ちょっと憂チンもアガルon
しかし、値段を換算してみると
日本で買うのとさほど変わらない。
ネットで買うとプレミアがついてるようなヤツなんだけれども。


8/16 昼食?

午後4時、昼食を取ってないことに気付く。
国営百貨店内の「ハイランド・コーヒー」にてハンバーガーとカフェオレの昼食。
久しぶりのジャンクフードにうっとり。
私ってダメな女。。。

※参考 国営百貨店
    ホーチミン 観光 ショッピング クチコミ情報 徹底ガイド


 
posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

MIKI’s HOUSE アオザイオーダー<ベトナム旅行記2004>

16日 PM MIKI’sHOUSE
(アオザイオーダーメイド)


ネイル&アオザイレンタルの後…

ちゃお.JPG今回の旅の目的と言っても過言ではない
アオザイのオーダーメイド。
オーダーメイドは日本でのパンフには
生地+縫製で$30〜$100位を30%OFFとのことだったが
実際お店に行ってみると
生地+縫製で$60か$70を30%OFFのコースしかないと言われるがく〜(落胆した顔)
さらに、このお盆のラッシュで$60の生地は全部売れてしまったので$70しか無いとのこと。
そんなの、おかしい!ちっ(怒った顔)って言ったんだけど
向こうの人は無いものは仕方ないって感じで
そのまま売りつけようとしたのでせめて・・・と思い
$45にまけさせた。
(私たちにとっては)たった$4でも
“まけてくれる”っていうのが嬉しいじゃない。
(↑すでに3年前にはオバちゃん感覚)
本当は、値引きとかしないような雰囲気があったので
「1階でお土産買うからね」と言って了承して貰った。

(了承して貰った、と書いているけどやっぱりおかしくない?
 日本の旅行会社の直営なんだから
 そういうとこはしっかりしてほしい…
 プチ詐欺じゃん?)


まずは生地選び。
そ、その時生地をまさぐっていると…
その奥に巨大ゴキブリが!!
いやぁ、ベトナムですなぁ。と、悠長な事は言ってられない。
正直選ぶ気が失せた。。。
でも、それを押し隠し、生地選び再開。

数が少なく私に似合いそうな色が無かったのだが
モコはお似合いの生地が見つかったんで
便乗して色違いのお揃いに。
採寸が始まる。
恐怖の十数カ所を測られ、、
いや、お喋りしている間におわっちまったんだけどさ。
向こうの縫製してくれる女性の職人さんはホント仕事が速い!
採寸もそうだけど、縫製も直しも。

縫子さん.GIF

私達が1日で出来る?と担当者に聞いたら
「そんなの出来ない」って怒ってたくせに
翌日しっかり出来てた!さすがだねわーい(嬉しい顔)

MIKI’s HOUSEでお土産探し

最後に1階でお土産を買う。
可愛いバッチャン焼きのミニチュアセット($3)が有ったので思わず2個購入。

写真奥のもの。手前は懐かしの食玩「アジアン雑貨店」のもの。

$3のバッチャン焼.JPG

インスタントフォーも珍しかったので5個セットを$3で購入。
モコは会社の人へのお土産にコースター(1枚=$1×10枚)やお茶などを購入。
しかし、その後のショッピングで
いかにこの店が高いかを思い知らされる…。
モコのコースターは実は巷では3枚=1$だったのだ!
私のインスタントフォーもバカ高いことを知ることになるもうやだ〜(悲しい顔)

日本からでもオーダー可能!
 アオザイ【オーダーメイド】刺繍生地ブルー★アオザイ専門店の仕上がり!

ベトナム雑貨のショップアズール
ベトナム雑貨の店Aodai
posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

MIKI’s HOUSE ネイルアートとアオザイレンタル<ベトナム旅行記2004>

2008.4.22追記

H.I.Sホーチミン支店は
私がホーチミンに行ってから2度程移転したようです。
現在は08.4.1に移転が完了していれば
グエンフエ通り TANNAMレストラン5F にあるそうです。

コチラに移転の様子が書かれています。
H.I.S公式ブログ

この情報はさくらんさんからいただきました!

よって、下の地図は無効です(汗

↓さて、以前の記事↓

8/16 MIKI’sHOUSE
(ネイルアートとアオザイレンタル)


ちゃお.JPG mikis house.JPG


HIS(今回の旅行の旅行会社)の直営であるMIKI’sHOUSE(ハイバーチュン通り)にて。

1階はお土産やさんで2階がHIS専用カウンターとなっている。
14日ホテルに着いた際、ここのショップから「いつでも気軽にお越し下さい」と案内のカードが部屋に届いていた↑参照。

オプショナルツアーの案内も行っているので
(HISの客じゃなくてもOKかどうかは不明)
着いた日に何も無ければ、まずここに行ってみるとイイかも知れない。

ツアーの中には「現地ガイドとドライバー付き車を4時間レンタル($10位?)」ってのがあって、これはタクシーなどぼったくりが多い中で安心して乗れて、しかも好きなところへ行ってもらえる良いプランだなと思った車(セダン)
通訳付きでたくさん買い物して、ホテルへ直で送ってもらえれば最高!よね。


ネイルアート

ネイルアートの予約は日本で入れておいた。

日本で申し込んだ場合
*無料(チップとして$1払うこと)
*他に+$10でペディキュアも出来ます
みたいに言ってたんだけれど、実際は日本での予約もいらないし、マニキュア+ペディキュアでも$2で済むみたい。
(2004年当時のハナシですよ)

ネイルアート途中.JPG
↑この後、赤とシルバーの派手派手ラインも入りました。

しかも、Miki’s HOUSEではコーヒー・紅茶・ハス茶が飲み放題w(今回の旅では飲み物が最高!ハス茶も大好き!)


アオザイレンタル

プランに入っていたアオザイレンタル。
日本で申し込んでおけば1日無料で着たまま遊びに行っていいらしい黒ハート

アオザイレンタル.JPG

保証書に同意し、保証費$20を支払っておく。
この$20は返す際に何事もなければ全額戻ってくる。
モコはストレッチ素材の紫のアオザイ、憂はなかなか着ることが無いであろうピンクのアオザイをチョイス。

外にでるのがうっとうしかったのと、貴重品類を預けることが出来ず私達はリュックサックを持ち歩いていたのもあり、店内で写真撮影をするに留まった。

街で見かけたレンタルした日本人であろう女性は彼氏らしき日本人と仲良くショッピング。
キレイだったし、彼氏と一緒なので
普段使いのバックも持たずに来れたんだろうと羨ましかった失恋
しかし、現地で買ったらしい木下駄サンダルの鼻緒がもげていて引きずって歩いてた。
買えばいいのに、安いんだから(笑)

↓このサンダルね。


アオザイレンタル...JPG

現地申し込みは$15。電話予約が必要らしい。(本当か?)

posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

ベトナム式エステ<ベトナム旅行記2004>

シクロマン.JPG
朝、ホテルのベランダから休憩中のシクロマンを盗撮(笑)

8/16 AM  エクイノックス(エクアトリアル内)でエステ

ツアーを申し込むときの条件でもあったエステの日w
これはオプションではなくツアーに組み込まれていました。

まず、エステで用意してくれているガウンというか作務衣というか
に、着替える。
コインロッカーが有るので貴重品も預けられ便利かわいい
ホテルのプールに繋がっているロッカーなのだが
キレイで安心出来るスペース。

その後、コースの選択。
モコは多分全身マッサージコースだったような?
憂は…

フェイシャルコース(135分)
◆肌のカウンセリング
◆フェイシャルトリートメント
◆ベトナム式マッサージ


カウンセリングは言葉が通じないのでナシ(笑)
フェイシャルはマッサージをちょっとした後
蒸気を当てながらパックのようなものを塗ってくれる。

この他にネイルケアとカラーが有ると言われ
その日の午後に私達は他の店でネイルアートを予約していたし
もしやオプション??有料???と思って断ったのだが
日本語が通じず、また相手の英語が何を言っているのか分からない!
相手はどうやら「コレもセットだから大丈夫よ!」って言ってるみたい。

いや、そうじゃなく他の所の予約がね、
あのね、、
通じないからいいや。

って感じでフェイシャルパックをしている間にやってもらった。
日本と同じ手を入れる容器にお湯を張ってきて手を片方ずつ入れて置く。
その後、甘皮を取っているようだったが、キャー痛い!
日本でやるときもそこそこ痛いし
痛いポイントが有るので我慢していたのだが
エステティシャンの目を盗んで自分の指を見てみると
流血しているではないの?がく〜(落胆した顔)
どおりで痛いはずだわもうやだ〜(悲しい顔)
しかし、そのエステティシャンは謝りもせず
その上からマニキュアを塗るもんだから滲みる浸みるふらふら
涙を我慢して終了後ネイルを見てみると
マニキュアがぷっくり膨れている部分の下に血だまりが。
ほんと、酷いバッド(下向き矢印)
でも、めんどくさがりだし言葉通じないんで黙ってたけどね。

マッサージは全身やってくれたが、実は私マッサージが苦手。
なんか、くすぐったいじゃん。
どんなに肩がこっててもイヤ。
エステに来ると損した気分になるー(長音記号2)
というわけで、マッサージの
“どこがどうベトナム式”なのかは申せません(笑
モコはマッサージがお好きだから評価は○ですな。

エステ終了後にフルーツ(スイカとドラゴンフルーツとモンキーバナナ)とハーブティーでお茶。

ガイドさんにお迎えに来て貰い、ホテルへ直行。

翌日:お肌ツルツル〜wやっぱやった甲斐が有るんだね。
書いてたら、またエステ行きたくなっちゃった。

余談:フェイシャルをやると頭のマッサージもしてくれるので、髪がぐちゃぐちゃになります。ブラシなどが必要です。

※参考 エクイノックス(エクアトリアル内)でエステ
このページの
■ トゥーデイズ・スパの〔1日目〕のプランと同じです。
きっと。
posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

半日市内観光2<ベトナム旅行記2004>

消火栓.JPG

8/15 PM

市内観光は半日でも盛りだくさん。

雑貨店巡り

シェラトン

シェラトンという土産物屋に連れて行かれる。
入り口で黄色の小さい団扇を配られる。
サービス?
観光客1人につき1人ずつ売り子さんが着いてくる。
何かを見るにも、ずっと着いてこられて
あれやこれやと言われるので、うんざりする。
しかしぃ→
そこで、蝶々のビーズバックを買ってしまう。
あまりにカワイイそのバッグに一目惚れしたものの
始めは$95だったので買うかどうか迷っていたら
売り子のおねいさんにずーーーっとどうするのか聞かれ…
とりあえず、<蓮茶>は買うつもりだったので、それを6個購入。




その後、帰ろうとしたら
「バックは?バックは?」とおねいさんに言われ
仕方なくもう一度見に行ったらやっぱりカワイイ→欲しい。
で、「高いから買えない」と言うとドンドン値段が下がる!
もう、最後には$55まで下がった!
なんだよ、じゃあ、始めからそう言えよw
と突っ込みたい気持ちを抑えつつ。

手持ちのお金が無かったので
夜ホテルにお金を取りに来て貰うことに決め
(そこまでしてもおねいさんは売りたいらしい)
白い蝶々バックをget。

ベトナム蝶々バッグ.JPG

結局、お金はガイドさんが届けてくれたんだけどね。
2007年現在、まだ一度も使っていません。。。


ミス・アオヤイ
ここは空港で日本語のパンフレットを配っている。
シェラトンよりしつこくなく配っている団扇も植物を編んでありちょっとオシャレ。

missAODAI..JPG  missAODAI.JPG

アオザイなどのオーダーメイドや木下駄サンダルのプチオーダーなどもやっていてモノはよさげで豊富。
土産物や籠バック、布製の刺繍バックもたくさんあった。
私はベージュにビーズなどの刺繍の入ったサンダルを$14で購入。

ベージュサンダル.JPG

次の日、アオザイをレンタルするプランが有るので間に合わせのつもりでもあった。
高いけど、デザインが良かったので、帰国後も履き倒した。

ミスアオザイ..JPG


夕食 キン・バック

ツアーで1日一緒だったみなさんと最後の食事。
ドンコイ通りの昼よりはオシャレなお店。
“やっぱり”ベトナム料理でコースの食事。

夕食1.gif 夕食2.GIF 夕食3.GIF

上左)今度は揚げ春巻き!!
醤油(ヌクマム)ではなく、甘辛のチリソースを漬けて戴きます。
アツアツで美味しい。

上右)でっけーアサリ。
ハマグリ大です。味はアサリです。

下)海鮮鍋。塩味。

最後に海鮮鍋が出た。
ミス・アオヤイでお茶とお菓子のサービスがあったから
なんだか、お腹いっぱいだし、店内が蒸し暑いしで
あんまり食べられなかった。
具をいただいた後、麺を入れるのだが、この麺はフォーとかではなくて日本の細麺のラーメンみたいなヤツ。
(ミーともまた違うような…)
麺にコシがないのがイマイチ。

暴走するトゥクトゥク.JPG
posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

半日市内観光1<ベトナム旅行記2004>

[ベトナム料理] ブログ村キーワード

どこの道ばたにでもフルーツ売りがいる。
コレはマンカウ?かな。

マンカウ?.JPG


8/15 PM 半日市内観光

午前中にクチであれだけ疲れてしまったので
本当は帰って休みたいくらいだったけど
お決まりの市内観光、行ってみよー!!

フォーの昼食

昼食メニュー.JPG

もちろんフォーだけではなく
ベトナム料理のコースと言ったところだろうか。
牛肉をハンバーグ状にしたものを何かの葉っぱで巻いたモノが美味しかった。(写真中)

昼食1.gif昼食2.GIF昼食3.GIF

左)飛び出してるのは、ニラです。
かみ切れない!!(笑)でも、おいしい。

中)始めは食べ方がわかりませんでした(笑)
しかも、この白いの何?そうめん?(ミーですむかっ(怒り)
まずそうめん(?)を小どんぶりに取って
その上に牛肉の葉っぱ巻きを載せて
ヌクマムをかけて、いただきまーす!

右)今では一般的になったフォー。
薄味の肉うどん見たいな感じ。麺は稲庭っぽい。

ドリンクは別料金($1)。
アイスコーヒーを注文したのだが
やっとここで初めてのベトナムコーヒーとの出会い!
チョコフレーバーで練乳入りの濃いやつ!
いやー、私、誰もが認める甘党だと思うんだけど
あれは衝撃的な甘さ!!(もう、感嘆符ばっかり)
それも、帰る頃にはベトナムコーヒーじゃなきゃコーヒーじゃない!くらいに大好きに。


統一会堂

統一会堂.JPG

ここは南ベトナムの旧大統領官邸。
調度は最高級と思われるものがたくさん置いてある。

統一会堂ヘリポート.JPG

広大なエントランス、屋上にはヘリポート、地下には司令室や秘密の抜け口あり。
官邸としての住まいと最高司令官の戦場という二つの顔を持つ館である。

統一会堂裏庭.JPG

サイゴン教会・郵便局

教会.JPG

サイゴン教会は建造物として本当に美しい。
アジアの中のヨーロッパ。
中には入らなかったが、教会前のマリア像のある公園にはたくさんの人が憩っていた。
本当に憩ってるんだって!

爆笑の木。.JPG
郵便局の前に在った木。
よーく見て!
気の回りに鉢植えがずらり、螺旋状に巻き付けられてるの。
ふざけすぎでしょ(笑)


郵便局も異国感がある。

郵便局.JPG

アジアのイイ意味での安っぽさも感じられる局内には国際電話を掛けられる電話ボックスがずらっと並んでおり、老若男女問わず電話をしていた。

電話を掛ける尼僧.JPG

その中にサイゴン教会の方と思われる尼僧が電話をしていた。
なんだか、キャンディ・キャンディで見たことがあるがな。

郵便局..JPG

切手2.JPG

切手.JPG

戦争博物館

戦争博物館.JPG

戦争時の写真や拷問・暫頭台のレプリカ(?)が展示してある。
枯れ葉剤の影響による双子の奇形胎児のホルマリン漬けが衝撃的。
目を逸らしてはいけないと思いつつも直視できなかった。
心が痛かった。
ここに来て改めて戦争の惨さ、戦争が生むものの凄まじさを感じる。
posted by 憂 at 07:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

クチの地下トンネル見学<ベトナム旅行記2004>

[ベトナム戦争] ブログ村キーワード

8/15 AM クチの地下トンネル見学

風景〜クチへ.JPG

今日のガイドさんはユン。
昨日の打ち合わせではソンが来るって言ってたのに、ほんと調子いい。
ユンは真面目そうで素朴な青年。27才。
毎日<クチ>に行かされている(笑)
(↑きついコースと思われる)

ツアー参加者は7名。一つのワゴン車に乗って移動。
私達は運転席の後ろに座ったのでガイドさんとしゃべりまくり。
他の方々はおとなしめ。うるさくてごめんなさい。

風景1.JPG

クチに行く道すがら私が携帯で写真を撮っていたら
運転手が「携帯を見せて」とガイドを通じて言ってきた。
ちゃんと前見て運転してよ!w
この運転手さん、結構、イイ年して携帯が大好きらしい。
娘さんが大学生とか言ってたような?
ベトナムでも携帯は高いらしく、ガイドさんは2年前に初めて手に入れたそうな。
その後、気を許してくれたのか家族の写真も見せてくれた。
娘さんがめっちゃ可愛かった!

建設中なのか、取り壊し中なのか、.JPG

何がそんなに気になるって、、、
クチに向かう道すがら、建設中か取り壊し中かわからない(笑)こんな物件が立ち並ぶ。
不思議な光景。
ちなみに向こうのレンガは中が空洞。


ベトナム戦争の爪痕

<約3kmにわたって続くと言われるトンネルの一部>を見学。

クチ模型.JPG
これで、一部ですよ。本当に生きる執念てスゴイ。

始めに戦争のビデオが流れる建物に連れて行かれる。
クチの模型(断面図)も有り。
観光化されている。

クチ銃.JPG

ここでは戦争の生々しさよりも、いかにベトコンが勇敢で聡明であったかということに感心させられる。

地下壕1.JPG

実際、モコは敵を待ち伏せする小さい小さい地下壕に入ってみた。
私は入ったら最後、出られなくなる恐れがあったので…。

地下壕2.JPG

ベトナムの人々は体が小さく華奢なので
入り口が50cm×30cmくらいの穴に入って敵を待ち伏せ出来るのだ。

地下壕3.JPG

また、地下トンネルは中に入ってその狭さを体験することが出来る。
今は観光用に大きく掘り直されていているとの事だが、それでも狭い。
人が一人屈んで座ったくらいでほとんど余裕はなくなる。
そんなトンネルを60mも腰を屈めながら歩いて(モコはしゃがんだまま、ウサギ飛びのような格好で抜けてきたらしい。そのせいでガリマッチョな彼女の方が翌日ものすごい筋肉痛に苦しむことに。私が日本から持っていった鎮痛剤入りの湿布で応急処置)行く。
途中、50cm〜1mほどの段差があり、そこは飛び降りたり這い上がったりしなくてはならない。

クチトンネル入り口.JPG

しかも、トンネル内には巨大ムカデの死骸が有ったらしい(モコ談)
結局、不謹慎にもワーワーキャーキャー汗だくになりながら、そのトンネルを制覇してしまった訳だが、そのトンネルもベトコンが考えるに、アメリカ兵は体が大きいのでこのトンネルを抜けたりするのは無理だし、入ったら最後引き返そうにもなかなかそうはいかないと言うことを見越した上での安全なねぐらであり作戦室でもあったのだ。
そんな、ビル3階分もの深さの中にどうやって人間が住んでいたのか。トンネルとは言ってもちゃんと部屋が仕切られていて、まるでその形状はアリの巣のようだ。

クチトンネル.JPG

そして、その中にも敵を捕獲するための罠が仕掛けられている。
調理室も有るのだが、万が一煙などがアメリカ兵に見つかったら命取りになる。
通気口は地上に無数に開けたアリの巣の入り口そのものに見えるものだ。
本当に感心するほどの知恵が詰まったトンネルだ。

ここでは、射撃も体験することが出来た。
1発1$。

射撃.JPG 実弾の殻.JPG

2発撃ってみたのだが、銃を装填する機械のようなモノがあり銃自体は固定されてしまっているので、あとは首振りの要領で照準を合わせるだけ。
鎖骨の下に銃の端をあてて構えるのだが、そこに来る衝撃はたいしたことない。
むしろ、耳あてをしているにも拘わらず音がすごい。
撃った後は耳が変になってしまって、周りの音がよく聞こえないほどだった。

最後に蓮茶とタピオカの実をいただいたのだが…
蓮茶とかホットだけど飲んで良いの?
お腹壊しそう・・・と恐る恐る。
私たちはホテルに置いてあるサービスのミネラルウォーターを持って行った&現地の売店でも水を購入したけど
ツアーで一緒だったみなさんが飲み物をお持ちじゃなかったので、私たちも結局飲んじゃった。
あれだけトンネルで汗かいたんだもの、飲まなきゃ倒れるよね。
タピオカの実は蒸かしたサツマイモみたいなお味。
びみょー。

ここでは父に頼まれていた「クチトンネルパンフ(日本語版)」16000VND(≒$1)を購入。
ちょっと日本語の字体とかが怪しいが、そこは…ね!




とにかくベトナムに行って始めに目に付くのがバイカー。
3人乗りは当たり前。
乳児を入れて4人なんて言う幸せ一家も。
ノーヘル、3人乗り。.JPG



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い



posted by 憂 at 10:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

ドンコイ通り初闊歩&ホーチミン初ごはん<ベトナム旅行記2004>

[ホーチミン] ブログ村キーワード

8/14 PM ベトナム初闊歩

ホテルの有るドンコイ通りを歩く。
雑貨店がいっぱいのベトナムでは割高と言われる通り。

中華.JPG

夕食にちょっとお高そうな中華料理(?)のお店へ入ってみる。
まずは飲み物を注文。
憂はあの有名な333ビール。発泡酒みたい。

問題のグァバジュース.JPG

モコはグァバジュース。
グァバジュースって普通ショッキングピンクでしょ?
なんと、ベトナムではみどりー!
青汁ーー!
味もキュウリみたいな感じらしく、激マズ!
どんだけ〜!!!!!

料理は何を食べても美味しい。
待望のソフトシェルクラブを食べることが出来、大満足。

浮かれまくってケータイで料理の写真をパシパシ撮って
会計を済ませ店を出ると、、、ケータイが無い!!!!!
急いで走って店へ戻り、しどろもどろで
「マイ、ハンディホーン…」と呟くと(ホントはcell phoneね)
「OK,OK」って、ウエイトレスのおねいさんが
レジ周りやら厨房やらを<さっきあったのになー>って感じで探してくれてる。
普通日本でならば、ここで「あ・あるんだ。とっといてくれたんだ」って思うよね??
違うの、探すフリしてるだけなの。
なんでかって?だって、有ったんだもん。
憂のバッグの中に。(お騒がせしてごめん、モコ)
<さっきあったのになー>って素振りは何よ!
それともうなずきの解釈の違い?

夜景?.JPG

ドンコイ通りをちょっとブラッとして
Tomboという店で買い物をした。
お客さんがいっぱいで店員の手が回らない様子だった。
そしたら、ちょっとの買い物にも関わらずオリジナルの巾着に入れてくれた。

tombo巾着.JPG

通りを歩いている時に渡されたフライヤー。
なんか変(笑)

なんか変(笑).JPG

※参考 ベトナムクチコミサイト ベトナムゴー
posted by 憂 at 12:00 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

ベトナムへGO!<ベトナム旅行記2004>

[旅行] ブログ村キーワード

8/14 AM 出発

VN航空.JPG

初めてのタラップに「政府専用機」みたいじゃなあ〜い!と感激。
しかし、ほんとは直結の方が扱いがイイに決まってるよね。

スッチー.JPG

日程表.JPG



  ←日程表


6:10 高速バス
8:30 成田着 モコと待ち合わせ
11:50 成田発(ベトナム航空)
    モコの復路搭乗券が無くなりと半べそ。
    (結局、免税店の袋の中にあったw)

  これより現地時間 時差マイナス2時間


15:30 ベトナム着
    現地ガイドが迎えに来てくれる
   (ガイドはソンさん。
    サイゴンツーリストの人でチョ→調子良さそう…)

この後睨まれます。.JPG

入国審査の時モコが私の写真を撮ってくれたのだが
係員にめっちゃ睨まれた(笑)
やばかった。そりゃそうか。

    ワゴン車でホテルに移動
   (街を走るバイクの数に圧倒される。
    すでに排気ガスで喉ヤラレ気味)

hana.JPG

    ホテル マジェスティック着
    ホテルへチェックインする際に現地ガイドより諸説明を受ける。
マジェスティック.JPG

マジェスティック.JPG
↑中庭のプール

    ※パスポートや貴重品は室内のセイフティーボックスに預けてOK。
     持ち歩くよりずっと安全。
    ※チップは1$くらい。
     (細かいのが無いときは笑顔で乗り切れ!)
    荷物はベルボーイが部屋まで運んでくれる。
    部屋の細部の説明をしてくれる。
    エアコン、TV、冷蔵庫、シャワー、セイフティボックスの使い方など
    (ほぼ英語:でも何となくで大丈夫!)

ホテルのベランダから専属モデルモコ.JPG
↑ホテルのベランダから専属モデルモコ

毎日、お部屋にはフルーツと新しいミネラルウォーターがサービスで置いてあった。
冷蔵庫がイマイチ冷えないのでフルーツはイマイチだったけど
ミネラルウォーターは嬉しかったな。
結局、日本から持って行った3?gの水は無駄になっちゃったけど。

ホテルマジェスティック 詳細

憂も買いました!安くて可愛いスーツケースなら…
スーツケース激安店FKIKAKU

あなたの旅の思い出をブログに書こう!



posted by 憂 at 15:10 | ベトナム〜旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。