2014年10月19日

もぎたてリンゴとパインのココナッツオイルケーキ



B42F0F60-EF1D-4C01-A879-0576AE2BAAFA.jpg

甥っ子と姪っ子をつれて、うちの両親がりんご狩りにいきました。
そのもぎたての林檎に火を通しました。
リンゴ農家のみなさま、すみませんm(__)m

いゃぁね、前日からパイナップルの缶詰を見て、甥姪がこれどーするぅ?て聞いてくるから、明日ケーキにしようねて、フラグ発生させといたんですよ。

で、帰ってきたらうるさいこと
イベントはまだか?的な。
ゆっくりリンゴ食べたかったのにさ。

E771DA3E-B9EE-457C-8F99-CDB221AB62D3.jpg

そのりんご見ちゃったら、入れたくなっちゃうよね。

また手洗いから仕込み。
4歳と7歳。どこまで出来る?
計量。
泡だて、切り混ぜ。
教えながら、リンゴをチンしてみんなで香りを楽しんだり。
パイナップルの缶切りを教えたり。
つまみ食いしたり。

紙コップにする?
大きく焼く?
甥っ子に決めさせて、紙コップに決定。

材料覚書
卵170g 共立て
小麦粉140g
ベーキングパウダー5g
砂糖140g
ココナッツオイル140g液状
パイナップル2/3缶
リンゴ1個+砂糖20g

粉は2回ふるわせました。
4歳、初めてのたまご割りも体験。
殻が入っちゃったら、取ればいいよーって。
共立ては泡立て器で大変さを教え
ハンドミキサーがいかに便利かを教え(笑)

計量がつまんないみたいだね。
まだ?って。
いや、もう始まってるし(笑)
これ、大事だし。
混ぜ混ぜが楽しいみたい。

最近ココナッツオイルのケーキを作るときは五感をフルに使ってますが、子供と作るとさらに新しい感覚を使うので大変疲れますた。

味は甘過ぎ(笑)
リンゴは生のままでよかったし、砂糖ももっと減らせます。
スポンジ生地の要領で作っていくので、ふわふわ。
でも分量はパウンドケーキなので、しっとり。
仕上げに缶詰のシロップとラム酒を混ぜたものを塗るから、じゅわっとした食感もあじわえます。

もうココナッツオイルがすこししかない。
最後は髪のトリートメントにしようかな。

この記事へのコメント
もぎたてのリンゴの魅力には勝てませんね。色つやも良くてとても綺麗なリンゴです。完成品を食べてみたい。さぞおいしかったことでしょう。
Posted by masa at 2014年10月19日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。