2008年12月19日

占いしてみました。【中華街センタービル 鳳占やかた チャイナスクエア】<横浜中華街2008>

[中華街] ブログ村キーワード

旅行記としては前後するところもありますが…

1日目
まず事の発端は、モコ宅でいろいろポジティブな悩みがあること。
横浜へ向かう電車の中で話を聞いて
最近占い好きな憂ちん、中華街には占いがいっぱいあるぴかぴか(新しい)とひらめいたひらめき
そごうでお買い物して、中華街に戻ってきたけど、萬珍楼の予約は20時。
まだ1時間以上ある。
そこで、占ってもらおーぅ!!ということに。

ネットの口コミで以前読んだことのある
「よしもと水族館のある建物の1Fにいるおばちゃんが当たる」らしい
という情報を元に行ってみると、なかなか混んでいる。

鳳占やかた チャイナスクエア
と言うんですね。
帰ってきて、ちゃんと調べてみるまでHPが有ることも知らなかった。

外ですので、冬は寒いかも雪
占い師さんは2人いらっしゃって、どっちもおばちゃん。
それぞれの列に並ぶように、椅子が3つくらいずつ置いてある。

ここでは占うのは手相による両手総合運勢鑑定(1000円)。

20〜30分ほど待った?
占い師さんの前にて、両手を差し出す。
何も聞かなくても、向こうからワタシの人生、才能、恋愛、結婚について語ってくれるので楽チン。
2○才の頃、結婚したい男性と付き合ってた?
と聞かれても、一体どこの誰なのか?(笑)
また「手相がこう変わったら、良い予兆」なんてプチ情報も教えてくれる。
憂もモコもTVの影響で、「占い師さんは怖い人。説教する人。」というイメージが有ったのだけど
まるで学校の先生のように教えてくれ、優しいわーい(嬉しい顔)
占い師さんのお話が止まったら、今度はこちらからあれこれ聞いてみる。
こういう事で悩んでいるんですが、どうでしょうか?
手相で分かることは、その場で答えてくれる。
当たっているような、当たっていないような。
ま、ここで公表できることは「ワタシは殺しても死なない手相」だということデス。

モコの場合は、モコ宅での悩みだったので、旦那さんの運勢も含めて聞きたいことがメイン。
でも、手相では「旦那さんも居ないとわからない」とのこと。
「生年月日さえ分かれば占える<算命術>というのがあるから、3Fへ行ってください」と。

しかし、この日は萬珍楼の予約時間が控えていたので断念。
手相をみたお客さんには誰にでも渡している割引券を握りしめ
「明日、また来よう」と誓い合う私達。

2日目
14時前に菜香新館にてお昼ゴハンを食べようとしたら、満席のため15時くらいに来てほしいとのこと…がく〜(落胆した顔)
時間を潰すため占いの<鳳占やかた>へ行ってみることに。

占いをやっている場所の前には、若い受付の方が何人かいて、すぐに「占いですか?」と聞いてくれる。
中をざっと見渡すと、先生が5人くらい。
その周りに1人あたり2組くらいずつのお客が待っている。
これなら大丈夫か?と私達は受付をしようとすると、どんどん奥へ連れて行かれる。
突き当たりは<よしもと水族館>の出口になっているところ。
ここに10脚の椅子とそれに座りきれない人が列をなして待っていたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
慌てた私達は「どのくらいかかりますか?」
「40分から50分くらいかと…」
無理。無理無理無理。
だって上海蟹食べるんだもん。

仕方ないので昨日割引券と一緒にもらったお茶券で、無料のお茶をいただくことに。

占いやさんお茶.JPG

3Fの占いのお店と同じフロアにある土産物屋さんに連れて行かれ、お茶をいただく。
あれやこれやと試飲させてくれる。
ぴかぴか(新しい)美肌ぴかぴか(新しい)に良いというお茶も試飲したが、美味しくない。
むしろキツイ…。しかし、このお茶それだけでは終わらないのだ。
飲み終わった出がらしを肌に塗るとスベスベになるらしく
お店のおねいさんはスプレーにしてその出がらしを持ち歩いていた。
(営業用か?でもおねいさん(推定25才)の肌も恐ろしくキレイ)
もちろん私達の手の甲にシュッシュしてくれた。
すぐにスベスベサラサラに!ビックリした私達はお茶を買うことに↓

占いやさんお茶2.JPG

高級茶らしく、このお店では1番上のランク。
お値段も高く、○gで1500円と言われたが
割高ではあるものの分包になっている10回分を2人で買って分けることに。

この白牡丹茶、他の中華街の食材店でも見て回りましたが
なかなかどこのお店でも高級なようです。

さぁて、紆余曲折有りながらも上海蟹を食べてから、再度来てみると…
1時間待ち!増えてる。なーにぃー。やっちまったな。
でも、占いしたいので黙って並ぶ。
並んでいる間に

@問診票を書く。

 予約票代わりになるので、名前。
 生年月日と何を占うか。
 総合的に占う算命術を選択。

A人間観察。

 1組前はラブラブカッポー。
  初めてのデートなのか、会話がぎこちない。
  相性占いをするらしい。
  顔を見ないで会話を聞いていたら、美男美女カッポーなのか?と思わせる会話内容。
  実際チラ見したら、普通。
  女性の歳はワタシと変わらない。
  なんだか、気持ち悪くなった。いや、ごめん。撤回します。
  それより、まだ付き合い初めっぽいのに、こんなトコで占ってもらっていいのか?
  気まずくならないのか?
  心配。

 2組前は元ドリカム現GIRL NEXT DOORな3人組。
  カッポーと男友達か?と推測。
  その男友達が細かい!!
  問診票にいろいろ書いたのだけど、それがどういうことなのか?や
  さっき説明されたはずの占い内容をおねいさんに聞きまくり。
  が2,3度。
  笑えた。

 3組前は50〜60代くらいのお母さんとその娘さん。
  お母さんだけが占いをして欲しいらしい。
  この2人めっちゃ暗い。
  何があったのか知らないが、花もオーラも無さ過ぎ。
  元気がないので、可哀相になる。がんばろ!お互い。

 数組後ろにいた女性2人組。
  友達同士と思われるが、モコ曰く1人が問診票の歳をごまかしているのでは?と。
  そんなはずないだろ?占いが違ってくるじゃんか。
  同い年の友達同士にしては、1人がちょい老け込んでいたようだ。
  ほっとけ。ほっといてやれ。

 アタシ達もこんな風にいろいろ観察されているのだろうね。
 あいつら、良く喰うなぁ〜、とかまた喰ってる、とかまだ喰うのか?とかね。

さて、@で出てきた算命術。

HPによりますと
算命学 3,000円(手相鑑定した人には算命学3,000円→2,000円割引券進呈)
中国始皇帝が使っていた最も古いとされる占いです。
 四柱推命などはこの算命学を元に生まれ
 的中率で語るなら精密かつ広範囲にも占う人の運命を導き出します。

とのこと。

この他に
相性 3,000円(手相鑑定されたお客様に算命学3,000円→2,000円割引券進呈)
算命学を使った相性は生年月日から性質、傾向は勿論、時期や方向性も判明します。

などなど。

他のお客さんでこれ以外をお願いしていた人が居なかったような…。

奥から、お店の中へ案内されて、全部で1時間超待った?
やっと私達の番にexclamation
優しそうなおばさまるんるん
ワタシ、モコ、モコの旦那と3人分の占いスタートォexclamation×2

まずはワタシから。
問診で生年月日などを伝えてあったので、コンピュータによって計算済み。
ワタシがどんな宿命を背負っているか、が弾き出されています。

何か新しいことを始めるときに避けるべき年・月なども教えてくれます。

ワタシは死ぬまで大殺界のような、非常に悪い年回りは無いそうです。
殺しても死なない手相だしね。
自分の性格や男性の好みも大体合っていて、驚きました。

手相では子供は4人ぐらい産めると言われて、テンションあがったのだけどグッド(上向き矢印)
こちらではワタシは1人しか子供の☆を持っていないらしい。
あとは旦那さん次第なんだとか。

モコはポジティブな家庭の悩みを旦那の運勢で見てもらうと
とても良いチャンスとのこと。
ポジティブな出来事に悩んでしまうのは、モコの今年がそういう年回りだから。
理由が分かると人間て落ち着く。
来年はいい年なんだそうで、更なる発展をご期待申しあげまするかわいい

占いは20分〜30分程度。(だよな?)
ここまで並んだんだから、一つ一つについてもうちょっと詳しく聞きたかったけど
占いって今の自分の悩みに執着してしまって、その他のことを聞けない。

占ってもらってから1ヶ月半、もう一度占ってもらいたくなりました。

※参考 中華街センタービル 鳳占やかた チャイナスクエア


posted by 憂 at 10:54 | Comment(0) | 横浜(ほとんど中華街) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。